和田唱がいるトライセラトップスのメンバー画像は?PV動画と代表曲も

この記事は4分で読めます

concert-984276_1920


スポンサーリンク




トライセラトップスの和田唱と、
上野樹里が交際していることが、
4月10日に分かりました。

上野樹里は以前から、
トライセラトップスのファンで、
音楽を通じ距離を縮めたようです。

ところで和田唱のバンド、
TRICERATOPS(トライセラトップス)は、
どういったバンドなのでしょうか。

メンバーや代表曲など、
いろいろ調べて動画付きで、
紹介しています。


◎上野樹里と和田唱が熱愛?

TRICERATOPS(トライセラトップス)の和田唱と、
上野樹里が交際していることが、
2016年4月10日判明しました。

上野樹里は以前から、
トライセラトップスのファンでした。

2人は音楽を通じて距離を縮め、
真剣交際に発展したと思われます。

交際期間は約半年で、
将来的には結婚も視野に入れています。

2人の出会いのきっかけでもある、
トライセラトップスというバンドが、
気になってきますよね。

代表曲やメンバーに関して、
まとめてみましたので、
動画像付きでご覧ください。

また実は、この和田唱は、
家族も芸能人一家としても、
非常に有名です。

その家系については、
別に記事があるのでご覧ください。
⇒上野樹里と熱愛のトライセラトップス和田唱の家族は有名人一家?


◎代表曲やメンバーは?

トライセラトップスは、
90年代にブレイクしたバンドですが、
若い方は初耳かもしれません。

代表曲やメンバーについて、
まとめてみたので、
参考にしてみてください。

一番の代表曲がこの、
「GOING TO THE MOON」
ポカリスエットのCM曲です。

この曲でバンドは一気に有名になり、
オリコンチャートでは最高5位を記録。

この曲の入ったアルバム、
「A FILM ABOUT THE BLUES」も、
最高5位を記録しました。

このアルバムのツアーでは、
武道館公演も実現しています。


簡単にトライセラトップスの、
経歴を紹介しておきますね。

・1995年10月、和田唱が友人の紹介で、
林幸治と出会い曲作りを始める。

・1996年2月に知人を介して、
吉田佳史と出会い、セッションで意気投合。
⇒TRICERATOPS結成

・1996年の5月に初デモテープの収録、
7月に渋谷La.mamaで初ライブ。

・1997年にbounce recordsより、
ミニアルバム『TRICERATOPS』のリリース。

・1997年7月にシングル「Raspberry」で、
エピックレコードジャパンより、
メジャーデビューを果たす。

・2002年には、
ビクターエンタテインメントに、
レーベルを移籍しました。

ビクター在籍中にシングル9枚、
オリジナルアルバム4枚、
ライブアルバム1枚を発表しています。

・2008年にはさらに、
tearbridge recordsに、
レーベルを移籍しました。

・バンドは2012年に、
結成15周年を迎えた。


それではメンバーの、
プロフィールを紹介します。

名前:林幸治(はやし こうじ)
生年月日:1976年7月24日(39歳)
出身地:東京都江戸川区
血液型:A型
身長:183cm
担当:ベース・コーラス
趣味:飲酒・料理・食べ歩き


ベースに触れるキッカケは、
中学3年生の時に組んでいたバンドだそう。

最初はキーボードを担当していましたが、
メンバーの都合もあって、
ベースを弾く事が増えていきました。

「Listen」「Driver」など、
一部楽曲では作詞作曲と、
ボーカルを務めています。

基本的に夜型の人間で、
ブログのアップは基本的に真夜中です。

2010年7月23日に、
結婚を報告
しています。


名前:吉田佳史(よしだ よしふみ)
生年月日:1970年11月14日(45歳)
出身地:愛知県名古屋市
血液型:A型
身長:171cm
担当:ドラムス・コーラス
特技:建築塗装技士2級
趣味:ゲーム


小学校3年生の時に母親が使っていた、
編み物の棒を持って叩いて遊んだのが、
ドラムを始めるキッカケ。

中学3年生の時に初めて、
ドラムセットの前に座ったときには、
いきなりある程度叩けていたそう。

トライセラトップス結成前は、
スタジオミュージシャンでした。

CHAGE and ASKAのアルバム製作に、
参加したこともあるそうですよ。

現在もバンド活動と並行して、
吉井和哉、阿部真央、高橋優などの、
サポートメンバーも務めています。

音楽の道を諦めて実家に帰り、
ペンキ屋の道に進もうと考えてところ、
和田唱と林幸治に出会います。

既婚者であり、二児の父です。


リフを多用しており、
ディスコ的リズムを用いた楽曲が、
多いのが楽曲の特徴
です。

和田唱は過去にライブのMCで、

「日本のロックには、リフが圧倒的に少ない。俺たちはデビュー以来、そこにはずっとこだわり続けてる」


という旨の発言をしていました。

また数曲の例外を除いて、
バンドの全曲にコーラス(ハーモニー)が、
入っていることも特徴です。

和田唱自身も、

「世の中の3ピースバンドの中で、恐らく一番ハーモニーを多用するバンド」

「楽器の音数が少ないので余計(ハーモニーは)大事だと俺は考えてる」


と発言しています。


スポンサーリンク




◎和田唱ってどんな人?

それでは最後に、
和田唱のプロフィールを、
まとめておきましょう。

名前:和田唱(わだ しょう)
生年月日:1975年12月1日(40歳)
出身地:東京都渋谷区
出身学校:文化学院 専門課程 美術科
血液型:O型
身長:171cm
所属事務所:トリニティー・アーティスト
趣味:ディズニーランド、映画鑑賞、
古いオーディオ、車の改造、洋服

実はこの和田唱は、
家族も芸能人一家としても、
非常に有名です。

その家系については、
別に記事があるのでご覧ください。
⇒上野樹里と熱愛のトライセラトップス和田唱の家族は有名人一家?


◎まとめ

・トライセラトップスの和田唱と、
上野樹里が交際していることが、
2016年4月10日に分かった

・一番の代表曲は、
ポカリスエットのCM曲、
「GOING TO THE MOON」

・トライセラトップスは、
和田唱、林幸治、吉田佳史の、
3ピースバンドである


スポンサーリンク



今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ambulance-1005433_1280
  2. sand-768783_1280
  3. japan-952026_1280
  4. taiwan-26129_1280
  5. bangkok-1124716_1920
  6. paper-1100254_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。