AKB新グループTPE48、BNK48、MNL48の日本人メンバーは?

この記事は3分で読めます

bangkok-1124716_1920


スポンサーリンク




AKB48の姉妹グループが、
新たに海外で3つ誕生すると、
発表がありました。

以前から情報のあった、
台湾・台北の「TPE48」に加え、
2つのグループが発足します。

タイ・バンコク拠点の「BNK48」
フィリピン・マニラの「MNL48」
の2つが全くの新発表でした。

日本からメンバーとして、
海外派遣をしていく、
なんて話もあるかもしれません。

その辺りも含めて、
まとめてみましたので、
ご覧ください。


◎海外でAKB系の新グループが誕生

「AKB48」の姉妹グループが、
新たに3グループ誕生するようです。

この事は2016年3月26日、
横浜スタジアムで行われた、
単独コンサートで発表されました。

新たに誕生が発表されたのは、
海外での新3グループです。

2011年10月にAKBの公式ブログで、
既に結成が発表されていた、
台湾・台北の「TPE48」。

そして、今回新たに加わるのが、
タイ・バンコク拠点の「BNK48」、
フィリピン・マニラの「MNL48」です。

過去の48グループの海外進出は、
2011年9月にインドネシアの、
ジャカルタを拠点にする「JKT48」。

2012年4月に中国・上海に、
「SNH48」を発足して、
活動をしています。


◎海外に行く日本人メンバーは?

さてさてそこで気になるのは、
日本から海外に行くメンバーは、
誰なのか?という点ですね。

まだ正式な発表はないですが、
ネット上で声も上がっていたので、
僕も予想してみようと思います。

名前が挙がっていた人物を、
ばあーっと書いてみます。

・島田晴香
・野澤玲奈(バンコク?)
・ひらりー
・小嶋菜月
・伊豆田莉奈
・鈴木まりや
・中村麻里子

ここまでは特に、
多く名前が挙がっていました。
さらにそれに加えて、

田野優花(フィリピン?)
須田亜香里(台湾?)
山下エミリー
佐々木優佳里
前田亜美
石田晴香
島田かずな
中田ちさと
小嶋真子
川本紗矢
高橋朱里
平田梨奈
岡田奈々
西野未姫
向井地美音
太田奈緒
山田菜々美
横島亜衿
茂木忍
宮崎美穂
田名部生来
田野優花
平田梨奈
伊豆田莉奈
矢方美紀
山内鈴蘭
岸野里香
沖田彩華

などなどの名前が、
ネット上では挙がっていました。


こんな感じにざっと挙げましたが、
正直情報が少ないので、
続報を待つしかないですね。

学生でも選抜でも無いメンバーは、
海外に飛び出していく、
そんな可能性は高そうです。

以前には、TPEにSKE松村香織が移籍し、
キャプテン就任という話もありました。

本当かどうかは分かりませんが。

中堅どころのメンバーで、
やや干され気味のメンバーは、
可能性ありそうですよね。

未成年者はさすがに危ないので、
海外というのは少し、
考えにくい気もします。

あと考えられるとすれば、
テレビのレギュラーがある場合も、
話は結構難しくなってきます。

ただ、海外に行く事で、
チャンスは掴めると思います。

既に海外展開をしている、
インドネシア・ジャカルタの、
JKT48の例が面白いですね。

実はJKT48には、
唯一の日本人メンバー、
仲川遥香がいて大人気なんです。

JKT48の総選挙では、
なんと3位に輝いています。

海外に行くのは怖いでしょうが、
国内でくすぶっているメンバーには、
絶好のチャンスとも言えますね。


スポンサーリンク




◎公演のスタートは?

今回発足が発表された、
TPE48、BNK48、MNL48の、
公演はいつスタートなのでしょうか。

「年内に」という話ですから、
2016年中にメンバーが決まり、
年内に公演が始まると予想されます。

詳しい事が判明次第、
また書いていきたいと思います。


◎まとめ

・AKB48に新グループ、
TPE48、BNK48、MNL48が、
新たに発足すると発表

・海外に飛びこんでいくのは、
恐怖もつきまとうが、是非とも、
チャンスを掴みに行って欲しい

・メンバーが決まり、
公演がスタートするのは、
2016年内の見通し


スポンサーリンク



今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. love-1075476_1920
  2. テレビ
  3. -shared-img-thumb-DI_IMG_5780_TP_V
  4. 離婚
  5. cherry-992655_1920
  6. silhouette-725145_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。