台湾・高雄市への旅行は大丈夫?台北から高雄への移動【電車編】

この記事は4分で読めます

train-tracks-925984_1920




2月6日の未明に台湾で地震が発生し、
台南市を中心に被害をもたらしました。

死者も多く出ていますが、
被害地域は非常に限定的です。

大学の旅行など、
台湾への旅行を考えている方も、
いらっしゃると思います。

中でも観光地として有名なのは、
台北市と高雄市ですよね。

また台北と高雄の両方を、
観光したい場合は、
台湾新幹線を使うのが一般的です。

ただ、台湾は島全体を一周するように、
鉄道網が発達しているので、
ゆったりとした電車の旅も可能です。

今回は台北から高雄への、
電車での移動方法をまとめてみました。

台北や高雄観光など、
台湾への旅行に不安がある方は、
こちらもご覧ください。
⇒台北や高雄の観光への地震の影響は?
台湾旅行は大丈夫なのか


◎特急電車を使って高雄市へ

2月6日の未明に台湾で地震が発生し、
台南市を中心に被害をもたらしました。

大学の旅行など、
台湾への旅行を考えている方は、
心配されているかもしれませんね。

2月8日現在では、
一部区間運休だった台湾新幹線は、
無事完全に復旧しています。

ただ台湾新幹線は、
日本の技術が利用されているので、
それでは物足りない方もいると思います。

ということで今回は、
新幹線を使わずに、列車で、
台北から高雄へ向かう方法
を紹介します。

実はみなさんが思っている以上に、
2月6日の地震の被害は、
そこまで大きくありません。

震源は高雄ですが、
一番被害が出たのは、
台南市の一部の地域です。

実はそこ以外は被害はあまりなく、
観光にも全く支障がありません。

この事を理解した上で、
この記事をご覧ください。

また地震被害全般に関しては、
別の記事にまとめています。
そちらをご覧ください。
⇒台湾で大地震が発生!南部の高雄市近くが震源、震度や被害状況は?

台湾の鉄道は、海岸沿いを中心に発達していて、
北から台中や台南、高雄、花蓮などの、
海岸沿いの街に訪れるのに非常に便利です。

新幹線でなくとも、
台北から高雄方面へ行く列車は、
いくつか考えられる
んですね。

台湾の鉄道は、非常に便利な交通手段で、
乗車方法も簡単です。


台湾の鉄道は、
大きく3つに分けられます。

1.日本の新幹線にあたる、
台湾高速鉄道(台鉄)

2.日本の特急列車や急行列車にあたる、
「自強号」「莒光号」「復興号」

3.日本の快速列車、普通列車にあたる、
「普快車」「區間車」

の3つですね。


私がおすすめするのは、
特急の自強号莒光号です。

自強号や莒光号を使えば、
高雄駅まで乗り換えなしで行けます。

一番早い自強号では、台北~高雄間を、
4時間25~50分程度で移動できますね。

それ以降のランクの列車だと、
値段は安いですが、
到着までの時間がかなりかかります

時間に余裕があって、
鈍行の旅をしたい場合以外は、
あまりおすすめできません。

特急の自強号莒光号でも、
十分ゆったりしていますし、
車窓を楽しむ事も出来ます。

ですのでよほどの事がない限り、
自強号か莒光号を使うといいです。

また台湾の鉄道は、時間が結構正確です。

何回か列車に乗りましたが、
遅れたことはなかったですね。


スポンサーリンク




◎電車に乗る上での注意点

ここで鉄道に乗る上で、
いくつかの注意点を書いておきます。

どうか参考にしてください。


・勘違いしやすい漢字

まず、台湾の鉄道は「火車」と書きます。
「駅」のことは「車站」と書きます。

つまり台北駅は、
「台北火車站」となります。

「第一月台」は、
駅の一番線の事を示します。

「汽車」はバスのことを示し、
非常に誤解しやすいので、
覚えておいて損はないですね。


・車站(駅)で切符を買う時

また列車に乗るのには、
時刻表があれば便利ですよね。

旅行用のガイドブックにも、
時刻表が掲載されている場合が多いです。

ただより詳しくて、
正確な情報を得るには、
現地で時刻表を入手するのもいいでしょう。

ちなみに台湾の鉄道は、
區間車(普通列車)などを除いて、
全席指定席の列車が多いです。

私が事前に買ったガイドブックは、
結構分かりやすく書かれていたので、
それらを参考にするのがよいと思います。

分からない事があれば、
駅員さんに聞くのが一番ですね。

おそらく日本語はほとんど通じませんが、
大きめの駅であれば、
かたこと英語でも結構伝わります。

ちなみに私は台湾旅行に行って、
人生で初めて、英語を勉強していて、
「よかったなあ」と思いました。笑

また、英語が微妙な時は、
メモ帳に漢字で書いて、
それを示す方法
もありますよね。

「行き先、出発日時、
列車名(自強号など)」

この位書いてみせれば、
すぐに駅員さんも分かってくれます。

また全席指定席の場合、
事前に日本で切符を予約して、
確保することも出来るみたいです。

詳しくは利用する旅行会社に、
聞いてみてください。

普通列車や快速など一部を除くと、
列車は全席指定が基本となります。

席がない場合は立って乗るか、
もしくは満席となっていても、
空いている席がある場合もあるみたいです。

詳しい事は、
駅のスタッフの方に尋ねてみてください。


・ちゃんと降りれるか心配…

普通列車だと、
よく分からない駅にも止まるので、
少し混乱するかもしれません。

新幹線や特急なら、
停車するのは大きい駅だけですし、
そこまで気を遣わなくて大丈夫です。

車内放送が分からない場合は、
ホームに書かれた駅名が頼りになります。

漢字書きで日本とほとんど同じなので、
あまり困ることはなかったです。


・台湾の駅弁が食べてみたい!

台湾の鉄道も「駅弁」があります。

日本の駅弁と比べたら物足りないかもですが、
値段は100~200元(300円~600円くらい)と、
非常に安いのが魅力的ですね。

日本的な味付けと異なるので、
味の違いを感じる楽しみ方もいいですね。

また、自強号・莒光号などは、
食事時間時になると、
車内販売で弁当を売ることも多いです。

ただ品揃えが微妙な時もあるようで、
確実に駅弁を食べたいなら、
大きな駅のキオスクで買うのが、無難ですね。

駅弁を食べながらの旅もいいですよね。


◎実は台湾は高速バスがすごい!

とまあ電車を用いて、
台北から高雄方面への移動方法を、
紹介したわけです。

しかしながら、実は私のおすすめは、
電車ではなく高速バスです。

「おい!言うのおせーよ!」
と思われるかもしれません。

しかしながら電車の旅というのも、
ロマンがあって非常に良いものです。

ですので紹介したくて、
長く話をしてしまいました。

新幹線を使わない場合、
本当のおすすめの移動手段は、
高速バスです。

なぜなら、時間は5時間くらいなのに、
値段が安く(400~600元くらい)、
台湾のバスは高級感がすごいからです。

座席との間がとても広かったり、
モニターやコンセントがついていたり、
サービスでお菓子や水も。

そんな超おすすめの、
台湾の高速バスについては、
こちらの記事をご覧ください。

(すみません。現在執筆中です。)


◎まとめ

・2月6日現在では、台湾新幹線が一部区間運休。
台北から高雄に新幹線では向かえない。

・電車で高雄に向かう場合は、
自強号か莒光号を使おう!

・電車で行くという方法もあるが、
私のおすすめは高級高速バス!
⇒関連記事
(すみません。現在執筆中です。)

地震被害に関しては、
別の記事にまとめています。
そちらをご覧ください。
⇒台湾で大地震が発生!南部の高雄市近くが震源、震度や被害状況は?

台北や高雄観光など、
台湾への旅行に不安がある方は、
こちらもご覧ください。
⇒台北や高雄の観光への地震の影響は?
台湾旅行は大丈夫なのか


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. taiwan-1061143_1920
  2. 高雄の景色
  3. interior-1026452_1920
  4. car-interior-513379_1280
  5. taipei-101-828798_1280
  6. -shared-img-thumb-BL002-koe-yo20140810_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。