高木京介がかわいそう?野球賭博で解雇や戦力外の可能性はあるのか

この記事は3分で読めます

bench-889222_1280


スポンサーリンク




新たに高木京介が関与を認め、
さらに世間を賑わせている野球賭博。

巨人の選手としては、
4人目の関与者となった高木京介ですが、
唯一単独で会見を行いました。

今後、高木京介の処分は、
どうなっていくのでしょうか。

解雇(戦力外)も考えられますし、
高木京介だけ単独で会見をしたので、
巨人が切りたくない感じも出てます。

なんだか高木京介だけに責任を負わせて、
あくまで個人の問題にしようとする、
球団の感じも何だか納得いきません。

その辺りも踏まえつつ、
今後の高木京介の処分について、
考えていきたいと思います。


◎普通に考えたら高木は解雇

巨人の高木京介が、
野球賭博への関与がしていたと、
新たに判明しましたね。

高木京介が球団の調べに対して、
ウソをつき続けていましたが、
家族の説得もあり、認めたようです。

今後気になってくるのは、
高木京介はどういった処分を受けるのか、
という点だと思います。

野球賭博といえば、
2015年の秋に3人発覚して、
話題になりました。

2015年の11月に巨人は、
福田聡志、笠原将生、松本竜也を、
3人とも解雇しています。

ですので残念ながら高木京介も、
戦力外になる可能性が、
高いと思います。

さらに厳しい処分を、
受ける可能性も残されています。

福田聡志、笠原将生、松本竜也の3人は、
「無期失格処分」
という処分を受けています。

巨人から「無期失格処分」を受けたら、
通常の12球団のプロ野球で、
選手として活動が出来ません。

また、独立リーグや社会人野球でも、
選手として活動していくことは、
事実上出来ません。

プロ野球界で復帰するには、
巨人の許可が必要になってきます。

2015年の3人の前例を考えたら、
解雇されると考えるのが、
可能性としては高いです。

無期失格処分の可能性も、
十分にあると考えられます。

ただ後で詳しく書きますが、
今回の高木京介のパターンは、
少し取り扱いが違います。

去年の3人は会見をしなかったのに、
今回は高木京介の単独で、
記者会見を行っています。

僕は少しこの点に、
何だか違和感を覚えました。


◎納得いかない球団の対応

高木京介は同僚の笠原将生や、
飲食店経営者のB氏の紹介で、
野球賭博をするに至ったようですね。

飲食店経営者のB氏に関しては、
別で記事をまとめていますので、
こちらも合わせてご覧ください。
⇒野球賭博を紹介した飲食店経営者B氏って誰?
野球賭博の諸悪の根源

高木京介の性格は、
「断れない人」「先輩が絶対な人」
という感じだったそうです。

遠征先でもホテルに閉じこもり、
漫画を読んだりと、
1人で過ごす事が多かったようです。

典型的なインドア派というか、
少し地味なタイプなんですね。

僕はまさに高校時代は、
そういうタイプだったので、
気持ちは痛いほど分かります。

断れないんですよねー、
友達の誘いとかが。

どちらかと言うと、
野球をやっているような人は、
そういうイメージないですけど。

ともかく高木京介は、
そういうタイプだったようです。

もちろん高木京介がやったことは、
ルール違反ですから、
許される事ではありません。

しかしながら僕も高校時代は、
割とそれに近い感じでしたし、
あまり誘いを断れない性格でした。

誘われて仕方なく、
野球賭博をやってしまう気持ちも、
分からないではないですね。

今回の読売ジャイアンツの対応が、
少し納得いかないですね。

巨人は2015年末の時は、
特に記者会見は行わなかったのに、
今回は高木京介が謝罪会見をしています。

しかもその場には、
球団関係者はおらず、
高木1人での会見でした。

これではまるで、今回の件は、
あくまで選手個人の責任であり、
球団に責任はないと言っているようです。

僕はこの会見を見て、
非常に違和感を覚えました。

責任を全て高木京介に押し付けて、
個人の問題でおさめようと、
そういうん印象しか受けないです。

むしろ僕は高木京介が、
すごく辛そうで、
段々かわいそうになってきました。

もしかして他にそう思われた方も、
いるのではないでしょうか。

ちなみに、高木京介の次はだれか?
という事に関しての記事もあります。

合わせてこちらもご覧ください。
⇒高木京介の次は誰?
野球賭博関与で5人目が出てくるのは時間の問題


スポンサーリンク




◎球団は高木を残したい?

また、前回の3人は会見せず、
何故今回の高木京介は、
会見をしたのかも気になります。

会見はあくまでの高木京介が、
本人の意思で開いたもの、
と発表がなされています。

しかしながら実際には、
巨人球団との協議の上で、
会見がなされたと見るべきですね。

会見に球団の関係者がいなかったので、
高木京介のみの判断で、
会見が行われたのだろう。

と考えるのは、
ちょっと現実的でないです。

巨人球団との協議があった上で、
(巨人球団の指示があって)
記者会見が行われたのだと思います。

だとしたら巨人サイドの目的は、
何なのでしょうか。

おそらく前回の3人、
福田聡志、笠原将生、松本竜也とは違い、
高木京介を残したいんだと思います。

高木京介は入団以来、
1軍の試合で一切負けなしと、
戦力として大活躍しています。

前回の3人と同じパターンでいくと、
この貴重な戦力を、
失ってしまうことになります。

それを嫌がった巨人は、
単独で記者会見を行わせて、
世間に高木を許させたいのです。

そうする事によって、戦力である、
高木京介を球団に残したいと、
そう考えているのだと思います。

確かに高木京介は、
最終的には正直に申し出ましたし、
許しても良い気がします。

かくいう僕も、あの会見を見て、
かわいそうになってきましたし。

ただそれが巨人球団の狙いなら、
なんか納得いかない気もします。


◎まとめ

・普通に考えたら高木京介は、
解雇(戦力外)だと考えられるが、
取り扱いの違いに少し違和感がある

・高木京介1人に責任を押しつけて、
あくまで選手個人の問題にする、
巨人のやり方には納得できない

・記者会見を行う事で、
高木京介を球団に残すことにし、
戦力ダウンをさせたくない考えか


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. baseball-921459_1280
  2. バルト公式
  3. 東京ドーム
  4. boxing-211347_1920
  5. football-619243_1280
  6. taiwan-26129_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。