笑点の次の司会は誰?後任は三遊亭円楽?桂歌丸の降板理由とは

この記事は3分で読めます

-shared-img-thumb-N853_tabemonowotaberakugonoshi-n_TP_V


スポンサーリンク




「笑点」の桂歌丸が、
司会を辞めることになりました。

気になってくるのは、
次の司会は誰なのか、
という点ですよね。

一部の情報では、
三遊亭円楽なのでは?
なんていう話もあります。

桂歌丸の後任として、
誰になりそうなのか情報を集め、
考察してみました。

桂歌丸の降板理由も合わせて、
紹介しています。


◎桂歌丸の次の司会は?

日テレ系「笑点」の大喜利司会、
落語家の桂歌丸(79)が、
司会をやめることになりました。

なんと桂歌丸は、
放送開始当時から出演しており、
かなり衝撃のニュースです。

ネットでは次の司会が誰なのか、
活発に議論が行われています。

林家木久扇は2016年4月23日に、
東京都内で行われたイベントで、
歌丸の勇退についてコメントしています。

「自分で区切りをつけてはいけないと思うんです。今度歌丸さんにお会いした時自分で自分の役の始まりやお仕舞を決めてはいけませんと言おうと思う」


と苦言を呈していましたが、
その後正式に勇退が発表されます。

「本当に驚いちゃって、
まだおやりになれるのに。歌丸師匠のあと、
じゃあ(後任が)誰がって浮かばない」
と動揺を隠せない様子でした。

気になる司会の後任について、
笑点の内部昇格の可能性が高いです。

笑点のメンバーの中で最有力候補は、
三遊亭円楽(66)だとみられています。

実は2015年の夏に桂歌丸が入院した際、
回答者全員が順番で、
司会を務めたことがありました。

その時に好評だったのが、
三遊亭円楽の司会だったんです。

また4代目司会者で円楽の師匠である、
五代目三遊亭円楽さんが、
桂歌丸と親友だった事も大きいです。

今のところで言えば、
三遊亭円楽が桂歌丸の後任として、
指名される可能性が一番高そう
です。

時点としては、桂歌丸に次いで、
笑点を長くやっている林家木久扇(78)
などという声もあがっているようです。

ちなみに三遊亭円楽や林家木久扇が、
内部昇格となった場合、
回答者に空きが1人できますよね。

そこで回答者に林家木久扇の長男、
林家木久蔵(40)が起用されるのでは?
なんて声もあがっています。

林家木久扇が司会でも回答者でも、
林家木久蔵さんが回答者に加われば、
親子共演が実現しますね!

父と子で笑点出演となれば、
さらに注目度が高まってきそうです。

落語界以外なら爆笑問題の太田光や、
「立川梅春」ことビートたけし(69)には、
サプライズ起用の噂もあるようです。


スポンサーリンク




◎桂歌丸が笑点をやめる理由は?

実は桂歌丸は、
近年は体調不良が続いていて、
司会交代を示唆していました。

歌丸は2016年4月30日の、
笑点スペシャルの公開収録で、
笑点を勇退することを報告。

桂歌丸の笑点最後の出演は、
5月22日の生放送になります。

やめる理由は、
番組を若い世代につなげること
自身の体力に限界が来ていることです。

桂歌丸は1966年の番組開始当時から、
番組に出演しており、いわば、
笑点の顔とも言える存在です。

2006年からは5代目三遊亭円楽に代わり、
第5代目の司会を務めています。

最近は慢性閉塞性肺疾患、帯状疱疹、
背部褥瘡、腸閉塞など体調不良が続き、
入院、休演も多くありました。

桂歌丸が4月22日に出演した、
NHKの特別番組では笑点に関して、
勇退を示唆する発言もありました。

今回の桂歌丸の勇退は、
大喜利メンバーにも大きく、
動揺を与えているようです。

笑点の大黒柱を失って、
どうやって新生「笑点」を作るか。

今後の情報にも注目し、
また書いていきたいと思います。


◎まとめ

・桂歌丸の次の司会は、
三遊亭円楽が最有力候補であり、
林家木久扇という可能性もある

・桂歌丸の後任候補として、
爆笑問題の太田光や、
ビートたけしという声もある

・桂歌丸が笑点をやめる理由は、
番組を若い世代につなげること、
自身の体力に限界が来ていることです。


スポンサーリンク



今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


もしお問い合わせ等ありましたら、
下記フォームよりお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. cheers-839865_1920
  2. journey-to-the-west-977264_1280
  3. bodyworn-794105_1280
  4. boxing-211347_1920
  5. home-797031_1280
  6. man-1123130_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。