スターウォーズ フォースの覚醒 評価・感想 エピソード7

この記事は2分で読めます

砂漠



さあさあ、観てきました!
「スターウォーズ フォースの覚醒 (エピソード7)」
の感想・評価の方を書いていきたいと思います。

本当にこの瞬間を待ちわびていた方は多いのではないでしょうか。

何を隠そう、この僕も小学校の頃に、
「スターウォーズ エピソード1 ファントムメナス」
を観てからというもの、このスターウォーズサーガにどっぷりとハマっているわけであります。

 

今回は最初の三部作である、エピソード4~6の終わりから30年後の設定、
実際に30年以上経ってついにエピソード6の続きが描かれるという事で、
コアなファンだけでなく、映画ファン全般、
あるいは国全体を巻き込んだ一大ムーブメントとなっていますね。

 

という事で観てきたわけですが、
本当にもう冗談抜きでめちゃめちゃ面白かったです。

 

今回は3Dの吹き替え版で観ましたが、
間違いなく2Dの方も観ると思いますし、
字幕の方も観ますね。

 

最近増えてきた4DやMX4Dでも是非観てみたいと思ってます。
その際はまた別途感想を書きますね。



僕はこの映画を観て、
非常にバランスがいい作品だな、と思いました。
過去の作品のファンはもちろん、
この作品からスターウォーズに挑戦するという方にも親切な作品に仕上がっています。

 

ネタバレは別にしたいと思うのでここでは詳しく書きませんが、
以前からのファンに配慮して思わず「あっ!」「おっ!」
と鑑賞しながら口にしてしまうような演出がどこかしこに散りばめられています。

あのキャラクターが!あのマシンが!といった具合に。

 

それでいて新規参入の方への配慮のバランスも非常に優れています。

例えば主人公が女性になって全く新しい人物になっていたり
(女性、というところにも、女性層を取り入れたり、現代社会を反映していたりと、様々な意図が見えてきますね)、

新しいキャラクターとして愛らしいロボットBB-8というのが登場したり、
新しい敵役としてカイロ・レンというキャラクターを登場させたり。

 

監督のJ.J エイブラハムも語っていますが、
サーガ全体として見て、
新三部作の最初の作品として、
様々な客層に配慮しながら,
非常に緻密にバランスを計算しながら作りこまれた1本になっています。

 

作品が約二時間半と、かなりボリュームを感じれますし、
人間関係、観ていてワクワクするような自然風景、
ハイスピードな空中戦(宇宙戦?)、
もちろんライトセーバーを用いた迫力あるアクションなど、
本当に満足できる内容です。

 

初めての方も、スターウォーズの大ファンに!

もともとのファンはさらに好きに!

大ファンの方はただただ納得!

 

そんな素晴らしい作品になっていますので、
「スターウォーズ フォースの覚醒 (エピソード7) 」
是非チェックしてみてください!

 

ネタバレ情報や、字幕と吹き替えの違い、
2D/3D/4Dの違いは別途記事をアップします。

急いでまとめますので、
楽しみに待っていてくださいね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. japan-952026_1280
  2. 宇宙
  3. courtroom-898931_1280
  4. stack-of-books-1001655_1280
  5. 波止場
  6. 柄本兄
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。