SMAP×SMAP(1月18日)が一部生放送、存続確定の発表

この記事は3分で読めます

テレビ




解散騒動で揺れるSMAPですが、
本日22時15分からのSMAP×SMAP(フジテレビ)で、
一部生放送が行われます。

そこで、解散は回避し、
SMAP存続確定が発表されるとみています。

SMAP関連では、こちらもご覧ください
→SMAP解散危機!解散を回避する為のたった1つの方法とは?


◎SMAP解散を回避か

本日22時15分からのSMAP×SMAP(フジテレビ)で、
一部生放送が行われます。

大人気番組のスマスマですが、
普段は収録の番組です。

急遽生放送がされるという事は、
おそらく、今回の解散騒動について、
メンバーの口から直接語られるのは、
間違いないでしょう。

新聞等でも一部報じられている通り、
解散が確実視されていましたが、
事務所の態度が軟化。

今回の生放送では、
メンバーの口から、
事態の説明と謝罪がなされ、

独立はせずに、
「SMAPとして活動を存続する」
という発表がなされると思われます。

経緯と謝罪も本人達の口で語り、
存続確定が本人達が自ら語る。

ファンも安心、
世論も安心、納得の放送となるでしょう。

正直私も一ファンとして、
とても落ち着いた気持ちがしています。


◎独立を止めた理由は?

育ての親である飯島マネージャーの、
退社をきっかけに始まったこの騒動。

正直私から見ても、
独立したくなる気持ちも分かります。

しかし事態は全く望まない方向へと進み、
木村さん以外の4人が、
後悔し始めたのが大きな理由でしょう。

話し合いが進む中で、
木村拓哉さんは1人残留を決意。

SMAPの解散は決定的となり、
世間への強烈なインパクトを与えます。

おそらくこの世論の反応が、
一番大きかったんだと思います。

さらに万が一5人揃って独立したとしても、
「SMAP」という名前は名乗れず、
事務所の支えも無くなります。

さらに、芸能界では、
事務所を変えたタレントは、
「しばらくテレビで使わない」
という暗黙の了解があり、

独立後のテレビ出演や、
音楽活動に悪影響が出ると考えたのでしょう。

まさに誰も得しない状況へ、
まっしぐらだったSMAPの5人。

独立を決めた4人も、
正直そこまで考えていなかったのでしょう。

そこで、独立への後悔が出てきて、
撤回しようと動いたのでは、
と考えられます。

冷静に考えたらこれって、
すごいことです。

自分たちの考えるより何倍も、
SMAPは日本に欠かせない存在である、
という証明がなされたんですから。


スポンサーリンク




◎SMAP存続の決め手は?

そんな後悔もあり、
存続に向けて動き出したメンバーですが、

SMAP存続の決め手となったのは、
【木村拓哉さんの孤軍奮闘】
【購買運動などのファンの声】

だと思います。

【木村拓哉さんの孤軍奮闘】

やはり木村さんの働きが、
かなり大きかったでしょう。

一時期は木村さんを中居さんが無視したり、
メンバー同士がかなり、
険悪なムードにあったようですが、

独立を決めたメンバーが、
徐々に後悔をし始めてからは、

木村拓哉さんが、
かなり積極的に動いていたようです。

ジャニー社長やメリー副社長に電話をし、
面談もしたようですね。

世論の後押しも受けながら、
事務所の態度は徐々に軟化。

ついに、SMAP存続、
というところまでこぎつけました。

一時期はメンバーに、
「裏切り者」扱いをされながらも、
ファンの為に全力を尽くした、
木村拓哉さん。

これぞ男の中の男ですよね。

この一件でさらに、
好感度を上げた気がします。

事務所への恩義を感じながらも、
メンバーを決して見捨てなかった。

木村拓哉さん、
かっこいいですね。
それ以上の言葉はいらないです。

【購買運動などのファンの声】

SMAPの大ヒット曲である、
「世界に一つだけの花」を
買う運動が展開され、

これも存続へ、
一つのきっかけになりました。

オリコンデイリーでは9位に、
レコチョクのデイリーでは1位となり、

レコチョクではその他にも、
「オレンジ」「夜空ノムコウ」など、
実にベスト50に8曲がランクインし、
完全なジャック状態となりました。

連日ニュースで取り上げられたり、
(NHKのお昼のニュースにもなったり)

ミッツマングローブさん、
ダウンタウン松本さん、
など芸能界からも、
悲しむ声が上がりました。

まさに、
「国民的アイドル」
を象徴するような世間の反応ですが、

さすがにこの反応に事務所も驚き、
態度を変えた部分もあったでしょう。

そして何よりこの世間の声に驚いたのは、
メンバー5人であることは、
間違いありません。

関係者に謝罪をするなど、
大変な部分もあると思いますが、

誰も望まない解散を回避し、
SMAPとして存続する事を選んだメンバーを、
悪く言うようなファンはいません。

芸能関係者からは厳しい声も、
あるのかもしれませんが、

少なくとも私から見れば、
みなそれぞれ正義があって、
誰が悪いという事はないと思います。

飯島さんは今後大変しれませんが、
少なくとも、誰も望まない形は避けられた。

解散はせずに、
存続が決まったことを、
今は喜んでもいいかなと、思います。


◎まとめ

・1月18日放送のスマスマで、
SMAP存続が発表される見通し

・後先考えず独立を決め、
世間の反応を見て、後悔があった

・SMAP存続の決め手は、
解散阻止に動いた木村拓哉さん

・CD購買運動など、
ファンや世間の声も大きく貢献した


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. old-book-1157672_1920
  2. -shared-img-thumb-PAK853_namiuchigiwa14171502_TP_V
  3. mobile-616012_1920
  4. paper-1100254_1920
  5. tv-627876_1280
  6. speech-1019777_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。