オーバートレーニング症候群とは? 藤田のぞみの引退の原因にも

この記事は2分で読めます

the-ball-488714_1920




オーバートレーニング症候群を知っていますか?

最近で言えば、浦和レッズレディースの、
藤田のぞみ選手もこの病気が原因で、
若くして引退に追い込まれています。

あまり聞かない障害ですので、
原因や症状、治療法をまとめてみました。


◎主な症状は?

オーバートレーニング症候群は、
日々のトレーニングで蓄積した疲労により、
体調不良を起こす障害です。

主な症状は「慢性的な疲労感」で、
疲れやすくなったり、全身にだるさが残ったりしますが、
症状が長期化すると症状は多岐にわたります。

・動悸や息切れ
・睡眠障害
・競技成績の低下
・安静時の心拍数や血圧の上昇
・食欲不振やそれに伴う体重の減少
・運動後に安静時の血圧に戻る時間が遅くなる
・下痢
・うつ症状
・集中力の欠如

などですね。

過去には川崎フロンターレの大久保嘉人選手も、
2010年南アフリカW杯直後に発症しています。

当然スポーツ選手がなる障害ですから、
パフォーマンスが低下してしまう事が、
一番苦しいですよね。

また症状が多岐にわたることから、
他の疾患と勘違いしてしまう場合もあり、
なかなか障害に気づかないなど、
障害が長期化するケースもあります。

重症になると競技に復帰できなくなる場合もあり、
発見が遅れてしまうと非常に危険です。
大変怖い障害ですね。

ちなみにオーバーワークとは異なる障害ですので、
混同しないように気をつけてください。


◎原因は?

オーバートレーニング症候群の原因は、
運動によるストレスです。

・急激なトレーニング負荷
・精神的な過剰ストレス

によって蓄積された、
肉体的、精神的ストレスが

・不十分な休息、睡眠
・過密スケジュール

などにより、そのダメージを
十分に回復させる事ができずに、
症状として出てきます。

激しい運動は肉体だけでなく、
精神的にも強いストレスを与えます。
(ここは意外と盲点ですね)

そして肉体的・精神的ストレスにより、
ホルモンのバランスが崩れていきます。

通常、脳の働きによって、
精神的なストレスは解消されていくのですが、

あまりに多くまた長期間のストレスが続くと、
対応が間に合わなくなり、
ストレスを放置状態になってしまうのです。

この結果、緊張状態が長く続き、
様々な症状が現れるようになる、
というわけです。


スポンサーリンク




◎治療法は?

運動を控え、体を休めることが基本の治療です。
疲労感が抜けるまでしっかり休む事が重要です。

うつ症状がある場合は、
特に早めに専門医を受診し、
必要であれば投薬治療を受けた方がいいですね。

当然ですが、
一定期間トレーニング負荷を軽減したり、
休養をする必要があります。

しかしより重要なのは、
指導者は選手の疲労回復状態を加味し、
練習計画を立てる事ですね。

要は再発防止策です。
どんなに体を休めても、
原因が解決しなければ無意味です。

休養をしっかり取れるよう、
綿密なトレーニング計画を立てることが、
望まれます。

また、有効な予防策としては、

トレーニングによる体調の変化や、
回復までにかかる時間、心拍数の変化、
起床時の疲労感などを把握するなどが良いです。


◎まとめ

・オーバートレーニング症候群は、
蓄積した疲労によって起こる体調不良

・主な症状は慢性的な疲労感、
動悸や息切れ、睡眠障害、競技成績の低下

・運動による疲労が回復しきらないのが原因

・体を休める事、練習計画を立て直し治療する


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. usd-67411_1920
  2. baseball-player-582366_1280
  3. luck-839036_1920
  4. 容疑者
  5. baseball-83507_1280
  6. table-tennis-407489_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。