二宮和也が最優秀主演男優賞を受賞!喜びのスピーチ、コメント全文

この記事は3分で読めます

lights-951000_1920




3月5日に日本アカデミー賞の、
授賞式が行われ、二宮和也が、
最優秀主演男優賞を受賞しました。

二宮和也は山田洋二監督作品、
「母と暮せば」で主演を務めた。

その喜びのコメントを含む、
受賞の際のスピーチを、
全文掲載しています。

「ジャニーズのタレントが、
受賞するってどうなの?」

といった所にも突っ込んでるので、
是非ご覧ください。


◎最優秀主演男優賞は二宮和也

3月5日に日本アカデミー賞の、
授賞式が行われました。

注目の最優秀主演男優賞は、
嵐の二宮和也が受賞しました。

山田洋二監督作品「母と暮せば」
の主演を務めての受賞です。

ちなみにその他の結果については、
別の記事にまとめていますので、
そちらも合わせてご覧ください。
⇒2016日本アカデミー賞
ノミネート作品と結果一覧!最優秀賞は?

2015年の最優秀主演男優賞は、
『永遠の0』の岡田准一でした。

ですので2年続てけて、
ジャニーズ事務所のタレントが、
最優秀主演男優賞を取った事になります。

詳しくは後半に書きますが、
ジャニーズタレントの演技力が、
かなり評価されてきてますね。


◎二宮和也のスピーチ全文

最優秀主演男優賞を受賞した、
二宮和也がスピーチとして語った、
コメントの全文を掲載します。


「もう、ありがとうございます。
昨年僕の先輩である岡田准一君が、
この賞をいただきまして、すごくうれしくて。」

「家ですごいいい酒だなあと思って、
飲みながら見せていただきました。
でも、飲んでいくうちに悔しくて。」

「俺も欲しいなという風に、
だんだん思ってきたときに、
会ったのかな、岡田君と。」

「そのときに、「次はお前だから」
と言っていただきました。」

「そのときは、全然自分の中では、そこまでピントがあっていなかったですし、ここに立つということは思っていませんでしたけど、すごくうれしいですし、とったなと思います。2年連続で、僕が先輩の次にこれをいただくのは、すごくうれしいですし、この姿を、まあ嵐の人たちも絶対見てくれてると思いますし、喜んでくれてると思います。」

「そしてジャニーさんと、メリーさんとジュリーさんと、今までずっと迷惑をかけてきた人たちに、これでちょっとは恩返しができたかなと思うと、すごくありがたく、また頑張っていこうと思っています。今日はすごくいい酒が飲めそうだなと。岡田君に自慢します。本当にありがとうございました。」


本当にいいコメントですね。

二宮和也の嬉しさや、
大変な感謝の気持ちが、
スピーチにあふれ出ています。

2年連続で最優秀主演男優賞は、
ジャニーズ事務所から出ました。

ジャニーズのタレントの演技力は、
「事務所の力で出演している」
などと軽く見られがちです。

ジャニーズのタレントの演技が、
本当の意味で評価を受け、
世間にも認められるきっかけになりそうです。

ちなみに嵐といえば、
日本航空(JAL)のCMでが話題です。

「光の道」という、
神社へ続く参道の延長上に、
夕日が沈むという光景のCMです。

これについて書いてますので、
合わせてご覧ください。
⇒嵐の新CMのロケ地はどこ?
参道の延長線上に夕日が沈む神社の名前


スポンサーリンク




◎受賞は事務所の力では?

去年の「永遠の0」の岡田准一に続き、
2年連続でジャニーズ事務所から、
最優秀主演男優賞が出ました。

「事務所の力なんじゃないの?」
と思う方もいるかもしれませんが、
そういう事は一切ありません。

その理由は、ジャニーズ事務所が、
賞レースを辞退する方針にあります。

「武士の一分」が話題になった時も、
木村拓哉さんは事務所の方針で、
優秀主演男優賞のノミネートを辞退。

事務所の方針上、むしろ事務所は、
日本アカデミー賞側のオファーを、
断る立場にあるんですね。

そのような状況の中、
2015年は岡田准一が、
最優秀主演男優賞を受賞しました。

事務所は受賞を断る方針ですから、
おそらく話が来た時点で、
最初は断ったはずです。

それでも賞を受けたのは、
それほど日本アカデミー側が、
粘り強い交渉をしたという事です。

つまりそれほどに、
岡田准一の演技が良かった、
ということになりますよね。

「事務所→日本アカデミー」ではなく、
常に「日本アカデミー→事務所」
という構図なんですね。

ですので、ジャニーズ事務所の力は、
一切関係ないというわけです。

したがって今回の最優秀主演男優賞も、
純粋な二宮和也の実力と考えられます。

事務所の力も関係なしに、
自身の演技力で賞を勝ち取った、
二宮和也は素晴らしいですね。

嵐に関係する記事で、
他に人気の記事がありますので、
こちらも合わせてご覧ください。
⇒嵐ツアーで顔認証が導入でゆーめるがやばい!
全ステ多ステとは?


◎まとめ

・2016日本アカデミー賞の、
最優秀主演男優賞は、
『母と暮せば』の二宮和也が受賞

・心から喜んでいる気持ちが前面に出た、
素晴らしいスピーチを披露した

・「事務所の力で受賞した」
という事はありえず、
二宮和也の演技力が評価された。

その他の結果については、
別の記事にまとめていますので、
そちらも合わせてご覧ください。
⇒2016日本アカデミー賞
ノミネート作品と結果一覧!最優秀賞は?


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. dollar-499481_1280
  2. sinnbunn
  3. man-691074_1280
  4. mathematics-989121_1280
  5. speech-1019777_1920
  6. old-book-1157672_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。