【2016年】センター失敗後の二次対策 ~国公立大学に挑戦~

この記事は4分で読めます

university-105709_1280




さて、先日センター試験がありましたね。

見事にセンター失敗したけど、
二次対策はほとんどやってない!

少し難しいかもしれないけど、
今から二次対策をして、
国公立大学に挑戦したい!

という方もいるかと思います。

短期間でもグッと集中して、
二次対策をすれば、全然逆転可能です。

今回はそんなあなたに、
やる気が10倍になる、
とっておきの話をします。

具体的な考え方や、
テクニックに関して知りたい方は、
こちらをご覧ください。
→センター失敗!二次逆転で国立大に合格する方法【2016年】


◎大学はとっても楽しい場所

大学というのは、
とっても楽しい場所です。

私の人生においても、
ぶっちぎりで楽しい4年間でした。

世間では大学時代の4年間の事を、
「人生の夏休み」
という例えをしたりしますが、

まさにこの通りです。
これほど上手く表した言葉はないですね。

私は長野から、
とある地方の国立大学に入学しました。

まあですね、色んなとこから来てます。

沖縄、北海道、東京、栃木、
山形、秋田、群馬、山梨、静岡。

挙げればキリがないですね。

もちろん留学生もいます。

中国人とも、韓国人とも、
仲良くなる事ができました。

本当に色んな人がいます。
自分の価値観が、変わりますね。

・ギターがめっちゃ上手い人
・着る服を自分で作っている人
・株でめっちゃ稼いでいる人
・毎日死ぬほど筋トレしてる人
・海外旅行ばかりで講義に出てない人
・風水になぜかめっちゃ詳しい人

などなど、
挙げればキリがありません。

なんかいるんですよ。
めちゃくちゃ面白い人達が。

そんな人たちと友達になって、
毎日遊んだり、飲み会をしたりする。

映画を観にいったり、
夢の国にみんなで行ったり、
海で花火やバーベキュー。

こんな日々は、
楽しいに決まってますよね。

私は本当に楽しかったんです。
もう1回大学受験したいくらい。
(半分冗談、半分本気です)

だから今これを読んでいるあなたには、
頑張って二次対策をして、
出来るだけ希望の大学に、
挑戦してほしいと思います。

あ、ちなみに大学の夏休みは、
2か月近くあります。笑


◎大学生はみんな彼氏彼女ができる!

大学生って結構、
合コンするイメージありません?

これ正直言うと、
実際はあんましてないです。笑
やってるって聞いたことありません。

多分わりとチャラい系の人とかが、
やっているんでしょう。

けどガッカリしないでください。

みんなビックリするぐらい、
付き合い始めます。

中学とか高校の比じゃないです。

計算してないですけど、
1/3~半分くらいは彼氏彼女いますね。

かくいう私も、
高校生までは告白する事もなく、
片思いばかりで、

もちろん彼女なんて、
いたことなかったんですが、

大学に通い始めたら、
あっさり彼女ができました。

理由としては、
精神的に大人になるからだと思います。

私は特にそうでしたけど、
異性と上手く話すのって、
結構難しいじゃないですか。

けど大学生にもなると、
男女でも普通に話せるようになります。

お酒が入ったりもあるし、
みんな精神的に成熟したり、
人との距離がより近くなる感じです。

遊んだり飲み会したり仲良くなるうちに、
あっという間にカップル誕生。

大学ではそんな事が、
山ほど起こります。

だから気づいたら、
周りの友達は、みんな彼女持ち。

なんてことはザラです。

もう高校の時点で、
既にモテモテの方には関係ないですが、

恋愛という面で言えば、
男性でも女性でも、
かなりチャンスありですよ。

きっと素敵な経験を、
たくさん出来ると思います。

ウソじゃないですからね。
ぜんぶ本当です。

大学生ミラクルが起こります笑

なので夢のキャンパスライフを楽しみに、
二次対策がんばってくださいね。


スポンサーリンク




◎大学生は自由!

大学生は、とにかく自由です。

特に地元の大学に通う方以外は、
一人暮らしをする事になると思うので、
すごく自由度が増します。

どんな講義を取るのかも、自由。
どんなサークルに入るのも、自由。
何時に起きるかも、自由。
朝昼晩何を食べるかも、自由です。

強制的に、
「◎◎をしなさい」
「△△に出なさい」

というような事は、
ほとんどありません。

講義で課題を課されることはあります。

しかしそれをやらなかったからといって、
誰かに怒られるわけでもありません。
(もちろん単位も、もらえません笑)

講義と講義の間に、
食堂で友達とおしゃべりをしたり、

平日のお昼に遠出してランチしたり、
講義の合間に家に帰って昼寝とか。

はっきり言って、
何でもありな世界です。

講義中にコーラを飲んでもいいですし、
お腹をこわしたら、
何も言わず勝手に出てっていいです。

場合によっては、講義中でも、
「お菓子ぐらいなら食べてもいいよ」
という教授もいるくらいです。

せっかく大学に行くのですから、
最低限卒業はして欲しいですが、

勉学に励むもよし、
部活を極めるもよし、
サークルで遊ぶもよしです。

ちなみに私は、
勉強もサークルも遊びも、
バランスよく楽しみました。

全ては、自由なのです。

あなたにはあなたなりの、
大学の楽しみ方がきっとあります。

「人生の夏休み」は、
想像以上に楽しいですよ。

どうですか?

二次対策のやる気、
めっちゃ出てきたんじゃないですか?

その勢いのままに、
あと1か月ちょっと、
駆け抜けちゃいましょう。

ただ辛い勉強をするんじゃないです。

楽しい大学生活が待っているんです。
これを忘れないでください。

あくまでも勉強は、
大学へ行く為の手段です。

本来の「目的」は、
「大学で楽しむこと」ですよ。

勉強を「目的」だと、
勘違いしないでくださいね。

大学を最高に楽しむために、
がんばって二次対策しましょうね。

その先には、
「人生の夏休み」が待っています。

センター試験後の二次対策について、
具体的な考え方や勉強法は、
別の記事にまとめています。

今まさにやる気満々のあなたに、
ぴったりの内容となっていますよ。
→センター失敗!二次逆転で国立大に合格する方法【2016年】


◎まとめ

・大学時代は「人生の夏休み」です。
絶対行くことをおすすめします

・大学生はみんな彼氏彼女ができる。
私でもできたから、心配無用です

・大学生は自由!ふりーだむ!

・勉強はあくまで手段だ!
大学を楽しむという目的を忘れるな!


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. time-371226_1920
  2. writing-933262_1920
  3. checklist-911841_1920
  4. alone-62253_1280
  5. bible-896220_1920
  6. テスト応援
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。