桃田賢斗の次に闇カジノで処分されるのは誰?NTT所属の6人は?

この記事は2分で読めます

badminton-659910_1920


スポンサーリンク




闇カジノ店で賭博行為をした、
桃田賢斗と田児賢一の次に、
処分を受けるのは誰でしょうか。

残念な事ではありますが、
同じくNTT東日本から、
計8人が関与が発覚しています。

一体新たに発覚した人物の、
名前も気になるところです。

その辺りを調べましたので、
ご覧ください。


◎桃田賢斗の次は?

闇カジノ店で賭博行為をした、
NTT東日本所属バドミントン部の、
桃田賢斗と田児賢一の問題です。

気になってくるのは、
他にもいるんじゃないのか?
桃田賢斗の次は誰なのか?

という点でした。

同じくNTT東日本から、
2015年度で引退した2人を含む、
計6人の関与が発覚しています。

非常に残念ですね。

調査結果の次第では、
警察への届け出もありそうです。

活動自粛にだけでなく、
最悪廃部という可能性も
出てきている状況です。


◎次に処分を受けるのは誰?名前は?

報道によれば、ラケットを持ち、
ジャージ姿で後輩10人程を連れて、
闇カジノに行った事もあるそう。

今回関与が発覚した、
2015年度で引退した2人を含む、
計6人は誰なのでしょうか。

まだ個人は特定できませんが、
NTT東日本に所属する選手となれば、
数は限られてきます。

現在はNTT東日本の、
バドミントンのHPは、
見れない状態になっています。

所属選手としては、

・松丸和輝
・佐藤黎
・星野翔平
・武内宏気
・小松崎佑也
・大越泉


などがいるようです。

このうちのほとんどが、
闇カジノに出入りしていたと、
思わざるを得ませんね。


スポンサーリンク




◎田児賢一は借金1100万円

闇カジノ店で賭博行為をした、
桃田賢斗と田児賢一の処分は、
解雇の可能性すらありそうです。

五輪出場資格だけでなく、
解雇すらあるという事は、
かなり厳しい処分ですね。

田児賢一は2014年10月以降、
墨田区、横浜市の闇カジノ店に、
実に60回も通い詰めました。

完全なヘビーユーザーですね。

ななんと総額で、
1000万円も負けたようです。

当然ですがそんな大金を、
全て自分で用意出来るわけもなく、
借金でまかなっていたようです。

部員からの借金が、
一時は総額で1150万円もあり、
今でも500万円残っているそう。

解雇されても仕方がない状況ですが、

「巻き込んでしまったのは全部僕。自分はどんな処分でも受ける。桃田にもう一度チャンスを与えてください」


と涙ながらに、
後輩の処分軽減を訴えていました。

本人も反省しているようですし、
桃田賢斗は自らすすんで、
賭博をしたわけではないでしょう。

厳しいとは思いますが、
桃田賢斗の五輪出場を、
認めてもいい
気がします。


◎まとめ

・桃田賢斗所属のNTT東日本から、
2015年度で引退した2人を含む、
計6人の関与が発覚した

・松丸和輝、佐藤黎、星野翔平、
武内宏気、小松崎佑也、大越泉、
あたりはかなり怪しい

・田児賢一は桃田賢斗だけでなく、
多くの部員を闇カジノに巻き込み、
部員らに総額1100万円の借金


スポンサーリンク



今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. sunset-690240_1280
  2. journey-to-the-west-977264_1280
  3. katana-197804_1280
  4. baby-507335_1280
  5. engagement-1361074_1920
  6. 吉高由里子
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。