黒川温泉への地震の影響は?ゴールデンウィークの九州旅行は安全?

この記事は8分で読めます

-shared-img-thumb-HOTEL86_kuturogeruwashitu20150124151633_TP_V


スポンサーリンク




熊本地震の九州旅行・観光への、
影響や安全性について、
書いてみたいと思います。

特に今回は黒川温泉への影響、
九州・熊本旅行は大丈夫なのか、
書いていきます。

正直こういう記事を書くのは、
どうかとも思うのですが、
心配もあると思うので旅行の記事を。

不謹慎と思われるかもしれませんが、
熊本や九州への旅行を、
予定されている方もいるでしょう。

5月には、ゴールデンウィークもあり、
その辺りも踏まえて書いていきますね。

地震が起こった場合に、
まずどうすべきか、
という記事もあります。

こちらもご覧になって、
参考にしてください。
⇒地震が起こったら、まず何をする?
地震が起きたときにやるべきこと

地震の際の持ち物リスト等はこちら。
⇒地震時の持ち物リスト!
震災に備え枕元や非常用袋に用意する物は?

また車の中で避難する場合に、
気を付けなければいけないのが、
エコノミークラス症候群です。

エコノミークラス症候群の、
症状や対策、予防はこちらです。
⇒エコノミークラス症候群の症状とは?
地震の際の予防と対策は?


◎熊本地震の死者は59人に

2016年4月16日午前1時25分頃、
熊本県熊本地方を震源とする地震があり、
南阿蘇村や熊本市などで震度6強を観測。

気象庁によると、
マグニチュードは7.3と推定され、
1995年の阪神大震災と同規模です。

その後も震度6クラスの地震が、
断続的に発生しており、
死者は59人に増えています。

交通インフラに関しても、
各地で高速道路や国道が、
通行止めになっています。

鉄道では、大分と熊本を結ぶ、
JR豊肥線立野−赤水間の線路が、
土砂崩れで流され、復旧していません。

4月18日現在で、
地震発生から4日が経過しましたが、
未だに約11万人が避難しています。

鉄道や高速道路など、
寸断された交通インフラは、
復旧のめどが立っていません。

市民の生活の足である市電も、
レールの損傷で運休しています。

市は18日から、
一部区間での運転再開を目指し、
復旧作業を急いでいます。

JR九州は九州新幹線や、
熊本県内の在来線を中心に、
引き続き運転を見合わせています。

在来線の特急列車や観光列車は、
『有明』を吉塚・博多~大牟田間で運行し、
大牟田~長洲間は運休します。

ただし、『有明5号』は全区間で運休です。

『A列車で行こう』『あそぼーい!』『SL人吉』
『いさぶろう・しんぺい』『九州横断特急』
『或る列車』は終日運転を見合わせます。

この他には高速バスの、
『B&Sみやざき』も、
終日運転を見合わせます。

これ以外の在来線特急や、
観光列車は予定通り運行します。

4月20日21時現在で分かっている、
熊本地震による運休区間は、
以下の通りとなっています。

園内に入場者輸送用のケーブルカーがある、
岡本製作所経営の「別府ラクテンチ」は、
4月20日から営業を再開する予定です。

【JR線】
・九州新幹線 遅れあり
・鹿児島本線 平常運転
・豊肥本線 肥後大津~豊後荻間
・肥薩線 運転中 八代~人吉駅間で遅れ
・三角線 平常運転

【私鉄・公営・第三セクター】
・熊本市交通局 幹線 平常運転
・熊本市交通局 水前寺線 平常運転
・熊本市交通局 健軍線 平常運転
・熊本市交通局 上熊本線 平常運転
・熊本市交通局 田崎線 平常運転
・熊本電気鉄道 平常運転
・南阿蘇鉄道 全線運休
・肥薩おれんじ鉄道 平常運転
・別府ラクテンチケーブル線 全線運休


【2016.04.18 追記】

2016年4月18日の、
運行計画を書いておきます。

「いさぶろう・しんぺい」「九州横断特急」
「B&Sみやざき(高速バス)」は、
終日運転見合わせの予定です。

※その他の特急列車および、
D&S列車は始発から、
運転を行う計画となっています。

その他徐行運転の区間が、
かなり多くなっているため、
時間の確認は個人でお願いします。


【2016.04.20 追記】

徐々に交通インフラも、
復活してきましたね。

九州新幹線は、
博多~新水俣駅間の運転を、
見合わせている状況です。

熊本電鉄はセミコン通勤バスのみ、
原水駅~セミコンテクノパーク間で、
一部運休をしています。


【2016.04.26 追記】

ついに九州新幹線が、
熊本~新水俣間を残して、
運行を再開しました。

また鹿児島本線、肥薩線、三角線が、
通常運行となっています。

ただし肥薩線は、
八代~吉松間で遅れがあります。

「いさぶろう・しんぺい」の運休に伴い、
同じ時刻・同じ停車駅で、
別の車両を使用して列車を運転します。

「SL人吉」「A列車で行こう」
「あそぼーい!」は、当初より4月27日は、
運転計画がありません。

豊肥本線は肥後大津~豊後竹田まで、
終日運転を見合わせています。

宮地~豊後竹田間は、
バスによる代行輸送を実施しています。

4/28から、豊後荻~豊後竹田間で、
運転を再開する予定となっています。
(宮地~豊後荻間で代行バスを運転)


【2016.04.29 追記】

九州新幹線、博多~鹿児島中央では、
当分の間、変更ダイヤで運転します。

「B&Sみやざき(高速バス)」は、
通常運転を行っています。

ただし新八代駅で、
九州新幹線及び鹿児島本線の、
接続は行っていあにようです。

「九州横断特急」「あそぼーい!」は、
終日運転見合わせです。

「あそぼーい!」に関しては、
5月3,4,5,7,8日に門司港~博多間で、
臨時運転をする予定となっています。

その他の特急列車および、
D&S列車は始発から運転します。

2016年4月29日より「SL人吉」
「A列車で行こう」「いさぶろう・しんぺい」
の運転を再開しています。

豊肥本線は肥後大津~豊後荻間で、
運転を見合わせています。

熊本~肥後大津間は、
遅延が発生しており、
本数を減らして運転しています。

宮地から豊後荻間は、
バスによる代行輸送を実施しています。

豊肥本線の立野から赤水間は、
線路災害(土砂流入)が発生しており、
運転再開にはかなりの時間を要する見込みです。


◎黒川温泉への地震の影響は?

こんな状況で不謹慎かもしれませんが、
それでも必要な方もいますので、
熊本観光の情報を書きます。

こんな状況で不謹慎かもしれませんが、
それでも必要な方もいますので、
熊本観光の情報を書きます。

残念ですが現状では、
熊本市内の観光・旅行は、
難しい状況となっています。

ゴールデンウィークなど、
今後の観光・旅行に関しては、
また情報が入り次第書きます。

ただ阿蘇郡南小国町の、
黒川温泉は被害が少なかったようです。

黒川温泉は阿蘇山の北にあり、
大分との県境付近であるため、
大きい被害がなかったようです。

黒川温泉に観光する場合は、
まだ諦めないでください。

もちろんアクセスも、
まだ完全ではないです。

アクセスに関しては、
こちらをご覧ください。
参照:黒川温泉観光旅館協同組合HP

黒川温泉につながる、
大分県中津市から熊本県阿蘇市に至る、
国道212号線は通常通りとの事です。

バスは4月20日現在で、
全面運休になっています。

何か分からない点があれば、
直接旅館に問い合わせるのが、
確実かと思います。

今後の状況にもよりますが、
来週中、今月中には、GWに備えて、
営業を再開する旅館も多い
です。

勘違いをしてほしくないのは、
被害が大きいのではなく、
点検等をする為の営業停止であること。

通常営業をしてない旅館が多いですが、
ほとんどが施設の確認等の為であり、
被害が甚大という訳ではないです。

・ふもと旅館   通常営業
・湯本荘     通常営業
・やまびこ旅館  通常営業
・黒川荘     未定
・こうの湯    未定
・ふじ屋     通常営業
・のし湯     通常営業
・壱の井     通常営業
・美里      営業中 入浴は不可
・やまの湯    通常営業
・新名館     通常営業
・にしむら    通常営業
・優彩      営業中 入浴は中止中
・夢龍胆     通常営業
・花泊まり    通常営業
・わかば     通常営業
・いこい旅館   通常営業
・御客屋     通常営業
・三愛高原ホテル 8/1~ 
・帆山亭     通常営業
・和らく     通常営業
・玄河      通常営業
・山みず木    通常営業
・深山山荘    通常営業
・樹やしき    通常営業
・奥の湯     通常営業
・山河      通常営業
・南城苑     未定
・野の花     通常営業


参照:黒川温泉観光旅館協同組合HP

こんなコメントも出ています。

以下は「奥黒川温泉 和らく」さんの、
公式サイトよりそのまま転載です。

こんにちは。 熊本地方を襲った震度7という大規模な地震は
市内を中心に甚大な被害が出ている模様です。
避難所生活を余儀なくされる方も沢山居ます。
同じ熊本県民として胸が痛みます。
ここ、黒川温泉は阿蘇山の北に位置し大分との県境の為
今回の地震による被害は皆無といっていいほどでした。
交通手段等でキャンセルされる方
余震が心配でご旅行を見送られる方がいらっしゃる中
お客様から励ましのお言葉、大丈夫ですか?と安否の確認のお電話を頂き
大変心強く感じます。
私たちが一番懸念するのはこの影響でお客様が離れていく事です。
熊本には、世界に誇れる阿蘇、天草などの自然、そして温泉♪がございます。
熊本が元気になるには沢山のお客様にお越しいただけることが一番の特効薬です!
余震も一週間ほどあるとの予想からすぐに・・・とは申しませんが
是非♪熊本は阿蘇そして、黒川温泉にお越し頂き
温泉に浸かって癒されて下さい♪
そして、沢山の友人たちに教えてあげて下さい。
熊本は元気だと^^
皆様のお言葉と行動がなによりも励みになります。
今回被害に合われた方たちのご冥福と
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
道路情報に関しては下記をご参照下さいませ。


このようにむしろ、
安全さえ確認できれば、
旅行に行くべきとすら思います。

より詳細な情報を調べる為、
4月18日に「和らく」さんに、
僕が直接電話でお聞きしました。

「和らく」さんは酒瓶が割れた程度で、
ほとんど被害がなく、
営業もしているようです。

ただ、黒川温泉全体で言えば、
被害はさほどないものの、
営業を停止している旅館もあります。

4月27日現在で、黒川温泉の旅館は、
かなり通常営業が増えてきました。

半分以上の旅館で、
通常営業が始まっていますね。

詳しくは直接旅館に問い合わせたり、
リンクからHPを確認するなどして、
各自の責任でお願い致します。

ただ今後大きい余震等がなければ、
ゴールデンウィークに向けて、
営業再開する旅館は多い
です。


熊本市内の観光は、また話が別です。

ハッキリ言ってしまえば、
現状での熊本観光、旅行は、
厳しいと言わざるを得ません。

まずアクセスがかなり厳しいです。

4月17日21時現在で、
九州新幹線は終日、
運転を見合わせています。

詳しくは上にまとめていますが、
電車も大部分が運休しており、
とても観光どころではないです。

さらに熊本空港の発着便は、
4月18日の全便が、
欠航が決まっています。

もし熊本に入れるとしても、
現場はかなり混乱していますし、
観光地もほとんど閉館状態です。

熊本市内の観光名所・施設は、
4月15日現在で、61施設が、
臨時閉館となっています。

「熊本城」「水前寺成趣園」なども、
現在は閉館中であり、今後については、
被害状況を確認して判断されます。

熊本城は全体で見ると、
被害規模は大きくないものの、
「長塀」が半分近く倒れています。

石垣の崩壊で通路が遮断されていて、
天守閣や長塀にも被害が出ており、
修復・開門には時間がかかりそうです。


◎必要以上の自粛はいらない?

本田圭佑が2016年4月16日に、
自身のブログを更新し、
九州地震についてコメント。

安易な自粛ムードに対して、
苦言を呈しています。

本田圭佑は、

「こういう時だからこそ、各々に与えられた役割を行動に移すことが求められている」

「本当に被災者らのことを思うなら、自粛どころか積極的にやるべきでそれを通じて何ができるかを考えたほうが良いんじゃないでしょうか」


ホリエモンも同じような事を、
Twitterで言っていましたね。
僕も全くもって同感です。

災害を理由にした自粛は、
多くの場合は批判を避けるためで、
自分の立場を守るため
だと思います。

もちろん本当に気を悪くされる方も、
いるのかもしれませんが、
あくまでそれは一部分です。

それ以上にテレビなどの放送で、
元気づけられる視聴者の方が、
圧倒的多数だと思いませんか?

僕は実際に大きい地震に、
見舞われたことはありませんが、
僕がその立場なら自粛は求めません。

だってその人が自粛をしたって、
被災者側に何のメリットもないから。

それぞれの人に役割があって、
仕事をしながらできる範囲で、
被災地に支援をしていく。

こうあるべきだと思うし、
そう思うので実際に、
今僕はこうして記事を書いています。


スポンサーリンク




◎GWの旅行中止はまだ早い?

こんな状況の中で旅行や、
観光の話をするのは、
不謹慎かもしれません。

けど僕なりに考えがあって、
熊本(九州)旅行・観光について、
書いています。

現地の邪魔にさえならなければ、
むしろ旅行や観光は、
復興支援になると思うからです。

もちろん現状は厳しいのですが、
観光は出来るならした方が、
熊本の方々の為にもなります。

例えばGWの旅行などは、
まだ余裕がありますから、
キャンセルするのは早いのでは?

と思うわけです。

もちろん僕も先のことは、
まだ分かりませんので、
GWも厳しいかもしれません。

ただ東日本大震災が起きた際も、
必要以上に風評被害が出て、
本来安全な場所の観光客も減ってしまう。

なんて事も起こりました。

地震の後は、復興が必要です。
復興には、多くのお金がかかります。

なので熊本市内ならまだしも、
九州旅行を中止するのは、
まだ早いと思うわけです。

今後の復旧活動や、
被害状況や余震を注視して、
判断しても遅くない
と思います。

特に熊本でなければ、
今後は大丈夫と判断できる、
可能性も十分あると思います。

ちなみに日本赤十字社の、
「平成28年熊本地震義援金」は、
⇒こちらからどうぞ。

この地震をきっかけに、
必要のない旅行までキャンセルになれば、
熊本・九州に余計に損失が出ます。

今必要以上に九州旅行を自粛して、
本来九州に入るはずの日本のお金がなくなって、
一体誰が得をするのでしょう?

正しい判断をして、
熊本・九州の方々に一番良い方法で、
支援をしていけたらいいですね。

何度も繰り返しになりますが、
黒川温泉に観光する分には、
問題ないので安心してください。

少し不謹慎だと思われる方も、
いるかもしれません。

しかし過度な警戒は、
むしろ風評被害をもたらします。

私はそれは熊本の方々の、
望むところとは、
全く違うと思います。

現状では熊本市内の観光が、
かなり厳しいのは間違いないです。

ただ今後については、
今すぐ判断するのではなく、
もう少し様子を見ましょう。

こんな時だからこそ、
少しでも前向きな気持ちで、
様子を見守りたいですね。

地震が起こった場合に、
まずどうすべきか、
という記事もあります。

こちらもご覧になって、
参考にしてください。
⇒地震が起こったら、まず何をする?
地震が起きたときにやるべきこと

地震の際の持ち物リスト等はこちら。
⇒地震時の持ち物リスト!
震災に備え枕元や非常用袋に用意する物は?

また車の中で避難する場合に、
気を付けなければいけないのが、
エコノミークラス症候群です。

エコノミークラス症候群の、
症状や対策、予防はこちらです。
⇒エコノミークラス症候群の症状とは?
地震の際の予防と対策は?


◎まとめ

・今回の地震を受けての自粛は、
多くの場合は自分の保身のため

・こういう非常時こそ、
それぞれが自分のやるべき事を、
淡々とやっていくべきではないか

・熊本市内の観光・旅行は、
かなり厳しい状況だが、
黒川温泉は被害は少ない

・ゴールデンウィークの旅行を、
中止するのはまだ早く、
もう少し様子を見ていきたい


スポンサーリンク



今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


もしお問い合わせ等ありましたら、
下記フォームよりお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. dazaifu-547279_1280
  2. man-1123130_1920
  3. sport-640830_1280
  4. taipei-101-828798_1280
  5. interior-1026452_1920
  6. -shared-img-thumb-SEPsts_TP_V
    • TA
    • 2016年 4月18日

    この記事は4/16の本震以降に書かれたもののようですが、わらくさんのHPの文章は本震前に出されたもので、その後更新されていません。
    最新の情報は黒川温泉観光旅館協同組合のHPで確認できますが、本震以降黒川温泉あたりも少なからず被害を受けているようです。
    少なくとも本日は通常営業とはほど遠い状況で,本格的に通常営業に戻るのは今週末のようです。
    これもこのまま何もなければのことで、金曜日あたりにはまた雨も予想されていますので、どうなるかわかりません。
    過度の自粛は不要とのとの意見は賛成ですが、現状でこの記事を見て黒川に向かってしまう人がいるとも限りませんので、ご連絡まで。

      • 三度の飯よりエンタメ
      • 2016年 4月18日

      貴重なご意見ありがとうございます。

      現在独自で調査をしております。
      その視点が抜け落ちておりました。
      本当にありがとうございました。
      急ぎ記事を修正致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。