熊本地震の熊本(九州)観光への影響は?GWの旅行は大丈夫?

この記事は4分で読めます

kumamoto-castle-338739_1280


スポンサーリンク




熊本地震は今も余震が続き、
また大きい揺れの心配もあり、
非常に心配な状況です。

正直こういう記事を書くのは、
どうかとも思うのですが、
心配もあると思うので旅行の記事を。

不謹慎と思われるかもしれませんが、
熊本や九州への旅行を、
予定されている方もいるでしょう。

5月にはGWもありますので、
今回の地震の観光への影響を、
考えてみたいと思います。

地震が起こった場合に、
まずどうすべきか、
という記事もあります。

こちらもご覧になって、
参考にしてください。
⇒地震が起こったら、まず何をする?
地震が起きたときにやるべきこと

地震の際の持ち物リスト等はこちら。
⇒地震時の持ち物リスト!
震災に備え枕元や非常用袋に用意する物は?

また車の中で避難する場合に、
気を付けなければいけないのが、
エコノミークラス症候群です。

エコノミークラス症候群の、
症状や対策、予防はこちらです。
⇒エコノミークラス症候群の症状とは?
地震の際の予防と対策は?


◎熊本地震の死者は41人に

2016年4月16日午前1時25分頃、
熊本県熊本地方を震源とする地震があり、
南阿蘇村や熊本市などで震度6強を観測。

気象庁によると、
マグニチュードは7.3と推定され、
1995年の阪神大震災と同規模です。

その後も震度6クラスの地震が、
断続的に発生しており、
死者は41人に増えています。

4月14日午後9時26分頃に発生した、
震度7(M6.5)の地震とその後の、
一連の地震が「前震」だったようです。

今回の地震が「本震」であり、
14日夜の地震以降、震度1以上の地震は、
287回(16日午後3時現在)に上りました。

4月17日は九州で局地的に、
1時間に50ミリ以上の激しい雨が、
降る見通しとなっています。

揺れの大きかった地域では、
地盤が緩んでいる所があり、
土砂災害に警戒が必要です。

16日午後1時半現在で、
熊本県内では地滑りや土石流など、
土砂災害が15件発生しています。

交通インフラに関しても、
各地で高速道路や国道が、
通行止めになっています。

鉄道では、大分と熊本を結ぶ、
JR豊肥線立野−赤水間の線路が、
土砂崩れで流され、復旧していません。


◎現状では熊本観光は厳しい?

こんな状況で不謹慎かもしれませんが、
それでも必要な方もいますので、
熊本観光の情報を書きます。

ハッキリ言ってしまえば、
現状での熊本観光、旅行は、
厳しいと言わざるを得ません。

まずアクセスがかなり厳しいです。

4月16日21時現在で、
九州新幹線は終日、
運転を見合わせています。

その他一部の特急列車や、
熊本南部のローカル鉄道である、
くま川鉄道も運行を見合わせています。

さらに熊本空港の発着便は、
4月16日,17日の全便で、
欠航が決まっています。

もし熊本に入れるとしても、
現場はかなり混乱していますし、
観光地もほとんど閉館状態です。

熊本市内の観光名所・施設は、
4月15日現在で、61施設が、
臨時閉館となっています。

「熊本城」「水前寺成趣園」なども、
現在は閉館中であり、今後については、
被害状況を確認して判断されます。

熊本城は全体で見ると、
被害規模は大きくないものの、
「長塀」が半分近く倒れています。

石垣の崩壊で通路が遮断されていて、
天守閣や長塀にも被害が出ており、
修復・開門には時間がかかりそうです。

いずれにしても現状では、
熊本市内の観光・旅行は、
難しい状況なので様子を見ましょう。

ゴールデンウィークなど、
今後の観光・旅行に関しては、
この後詳しく書きます。

阿蘇郡南小国町の、
黒川温泉は被害が少なく、
一部営業しています。

黒川温泉に関しては、
こちらの記事を参照ください。
⇒黒川温泉への地震の影響は?
ゴールデンウィークの九州旅行は安全?

黒川温泉につながる、
大分県中津市から熊本県阿蘇市に至る、
国道212号線は通常通りとの事です。


スポンサーリンク




◎GWの旅行中止はまだ早い?

こんな状況の中で旅行や、
観光の話をするのは、
不謹慎かもしれません。

けど僕なりに考えがあって、
熊本(九州)旅行・観光について、
書いています。

現地の邪魔にさえならなければ、
むしろ旅行や観光は、
復興支援になると思うからです。

もちろん現状は厳しいのですが、
観光は出来るならした方が、
熊本の方々の為にもなります。

例えばGWの旅行などは、
まだ余裕がありますから、
キャンセルするのは早いのでは?

と思うわけです。

もちろん僕も先のことは、
まだ分かりませんので、
GWも厳しいかもしれません。

ただ東日本大震災が起きた際も、
必要以上に風評被害が出て、
本来安全な場所の観光客も減ってしまう。

なんて事も起こりました。

地震の後は、復興が必要です。
復興には、多くのお金がかかります。

なので熊本市内ならまだしも、
九州旅行を中止するのは、
まだ早いと思うわけです。

今後の復旧活動や、
被害状況や余震を注視して、
判断しても遅くない
と思います。

特に熊本でなければ、
今後は大丈夫と判断できる、
可能性も十分あると思います。

ちなみに日本赤十字社の、
「平成28年熊本地震義援金」は、
⇒こちらからどうぞ。

この地震をきっかけに、
必要のない旅行までキャンセルになれば、
熊本・九州に余計に損失が出ます。

今必要以上に九州旅行を自粛して、
本来九州に入るはずの日本のお金がなくなって、
一体誰が得をするのでしょう?

正しい判断をして、
熊本・九州の方々に一番良い方法で、
支援をしていけたらいいですね。

少し不謹慎だと思われる方も、
いるかもしれません。

しかし過度な警戒は、
むしろ風評被害をもたらします。

私はそれは熊本の方々の、
望むところとは、
全く違うと思います。

何度も繰り返しになりますが、
現状では厳しいと思いますし、
熊本市内は特に無理です。

ただ今後については、
今すぐ判断するのではなく、
もう少し様子を見ましょう。

こんな時だからこそ、
少しでも前向きな気持ちで、
様子を見守りたいですね。

地震が起こった場合に、
まずどうすべきか、
という記事もあります。

こちらもご覧になって、
参考にしてください。
⇒地震が起こったら、まず何をする?
地震が起きたときにやるべきこと

地震の際の持ち物リスト等はこちら。
⇒地震時の持ち物リスト!
震災に備え枕元や非常用袋に用意する物は?

また車の中で避難する場合に、
気を付けなければいけないのが、
エコノミークラス症候群です。

エコノミークラス症候群の、
症状や対策、予防はこちらです。
⇒エコノミークラス症候群の症状とは?
地震の際の予防と対策は?


◎まとめ

・熊本地震はM7.3と推定され、
1995年の阪神大震災と同規模で、
死者は41人に増えている

・熊本市内の観光・旅行は、
かなり厳しい状況である

・黒川温泉に関しては、
こちらの記事を参照ください
⇒黒川温泉への地震の影響は?
ゴールデンウィークの九州旅行は安全?

・ゴールデンウィークの旅行を、
中止するのはまだ早く、
もう少し様子を見ていきたい


スポンサーリンク



今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


もしお問い合わせ等ありましたら、
下記フォームよりお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. baseball-498481_1280
  2. man-1123130_1920
  3. hospital-391746_1920
  4. -shared-img-thumb-SEPsts_TP_V
  5. taipeh-101-918509_1920
  6. train-tracks-925984_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。