後悔しない人生の為に、10代20代から知っておきたい10項目

この記事は5分で読めます

elder-779663_1920




あなたには、
後悔している事ってありますか?

多くの方には、
少なからずあるんじゃないかと思います。

かくいう私も、大きな後悔が、
いくつかあります。

人は死ぬときに、
どんなことを後悔するのでしょうか。

亡くなる寸前の方の後悔は、
それはそれは重大な後悔なはずです。

最後の最後に、
悔やむことですからね。

ということで今回は、
10代20代の若い方には、
とくに知ってもらいたい、

人が死ぬ前に、
「後悔する10のコト」
を紹介したいと思います。


◎1.他人がどう思うか気にしなければ良かった

私たちは人のからの目や、
他人からの評価を
いつも気にしてしまいます。

でもそれって正直疲れません?

私は本当にそればかりで、
クタクタになった時期がありました。

他人がどう思うかを気にする、
ということは、

自分の人生における行動を、
他人の意思によって決める、

という事になります。

そうは思っていなくても、
自分が本当にやりたい事があるのに、
他人を気にしてやらないということは、

やっぱり自分の行動(人生)を、
他人によって決められている、
ということになってしまうのです。

他人の目を気にするのは、
もうやめましょう。

大事なのは、
「あなたがどうしたいか」であって、

「周りからの評価はどうか」
ではありません。

ここを勘違いしないように、
私も常に言い聞かせています。


◎2.くよくよと悩まなければよかった

人間ですから、
悩むのはある意味当然です。

私だって、現在進行形で、
たくさんの悩みがあります。

けれどもずっと悩んで、
結局何もしないのは、
ただの時間の無駄ではないでしょうか?

悩むぐらいなら、
やってみましょう。

うまくいくかもしれません。

うまいかなかったら、
その時解決策を考えてください。

やってもいないのに、
うまくいかない時の事を考えても、
仕方ないですよね。

ダメだったら考えましょう。
それで十分です。

悩むのは、
本当に時間の無駄ですよ。

あなたが悩んでいる間にも、
あなたの貴重な時間は、
着々と減り続けているのです。


◎3.あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった

どうしても不安になってしまうこと、
ありますよね。

私もしょちゅうです。
あなたも、そうかもしれません。

けどね、実は不安に思う事って、
現実にはほとんど起きません。

多分90%ぐらいは、
実際に起きません。

そんなの数えたことないので、
分かりませんが。

あなたも思い返してみてください。

すごく緊張する発表会。
前日は眠れないほど緊張。

けどいざ発表会が終われば、
「あれ?なんでこんなことで、
あんなに悩んでたんだろう?」

なんて経験ありませんか?
私はそんなことばっかりです。笑


◎4.もっと時間があれば…

私たちの残り時間は、
この瞬間にも、
着々と減り続けています。

時を元に戻すことは出来ません。

残り時間は決まっていて、
過ぎた後に悔やんでも、
何もならないのです。

出来ることは、ただ1つ。

与えられた時間で、
精一杯生きるしかないですね。


◎5.自分を大切にすればよかった

私もたまにやってしまうのですが、
人は自分を責めてしまいます。

でも本当に自分が過ちを犯した時は、
他人が責めてくれるんです。

だから、自分で自分を責めても、
必要以上に辛くなるだけです。
今日からやめましょう。

冷静に考えてみてください。
自分を大切に出来ない人が、
他人を大切に出来るはずがありません。

あなたの役割は、
自分を責めることではなく、
自分を応援してあげる事です。

何があってもあなただけは、
あなたの最大の味方でいてあげてください。


スポンサーリンク




◎6.もっと一瞬一秒を大事に過ごせばよかった

人間の一生はって、
何日ぐらいだと思いますか?

仮に生まれてから、
80歳で死ぬとします。

そうすると、
『29200日』という計算になります。

これを多いと考えるか、
少ないと考えるかは人それぞれですが、
私は、少ないと感じますね。

今のあなたの年齢を引いたら、
残り何日でしょうか。

仮にあなたが18歳なら『22630』日、
仮にあなたが20歳なら『21900』日、
仮にあなたが30歳なら『18250』日です。

あなたが寝て起きる度に、
刻々と最後の日は近づいています。

つい最近、
大きなバス転落事故も、
あったばかりですよね。

いつ最後を迎えるかなんて、
全く分かりません。

今日1日を精一杯楽しめて、
「最高だった」
と言えるような毎日にしたいですね。


◎7.子どもたちに好きな事をさせてやればよかった

自分は親じゃないから関係ない、
と思うかもしれません。

でもよく考えてくださいね。

あなたのご両親だって、
この後悔をする可能性が、
あるわけです。

お金の事とかを考えたら、
好きな事を出来ない時も、
あるかもしれません。

でも私は、
出来るだけあなたに挑戦をしてほしい。

すぐに諦めたりしないで、
自分の好きな事を追及してほしい、
そう思います。


◎8.もっと自分の情熱に従うべきだった

これは7と少し共通しますが、
自分の情熱を大切にしてください。

やっぱり障害はあります。

情熱があることでも、
お金や時間、場所の制限で、
思うように出来ないかもしれない。

でも私は、諦めないでほしい。
妥協しないでほしいです。

周りの顔色をうかがって、
周りの意見に従って、
常識に従って生きる。

それもいいかもしれません。

でも、よく考えてください。
本当に自分がやりたい事にフタをして、
本当の気持ちを閉じ込めて、

周りに迷惑をかけないように、
波風立てないような人生って、

一体誰の為の人生なんでしょう?

あなたの命は、
あなたの為にあります。

あなたの人生は、
あなただけのものです。

自分の情熱に従った方が、
良いと思いませんか?


◎9.もっと自分の本音を言うべきだった

つい友達や家族との関係の中で、
本当に言いたい事が、
言えない、という時があります。

私も思い返してみると、
「あの時あのように言っていたら」

と思う事は、
結構あるものです。

あなたも思い当たる事が、
あるのではないでしょうか?

このままではそういう後悔は、
増えていくと思います。

たしかに本音を言うのは、怖いです。

けれども本音を言わないと、
ずっと「良い人」のままだし、

本当の意味での信頼関係は、
築く事が難しいと思います。

一番仲の良い友達を想い浮かべてください。

その人には、結構思った事を、
言えるのではないですか?

互いを信頼し合って、
本音を言い合える友人を、
増やしていきたいものですね。


◎10.もっと目標を達成すればよかった

結構重いテーマですが、
難しく考えないでください。

何気ない日常を、
平凡と過ごしてはいけない、
という事ではありません。

それもとても大切な事ですから。

けれど目標を設定して、
それに向かって前進していく事も、
とても重要な事です。

何故なら、それによって初めて、
自分を成長させられるからです。

目標を立てて、
壁にぶち当たって、
壁を壊し成長していく。

あなたの今の目標はなんですか?

大事なのは、
目標をたてることではなく、
日々意識することです。

元日に目標を立てたはいいが、
後からどんな目標か思い出せない。

これではダメだって、
わかりますよね。

少しでもいいです。
目標に向かって、
日々前進していきましょう!


◎まとめ

1.他人がどう思うか気にしなければ良かった
2.くよくよと悩まなければよかった
3.あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった
4.もっと時間があれば…
5.自分を大切にすればよかった
6.もっと一瞬一秒を大事に過ごせばよかった
7.子どもたちに好きな事をさせてやればよかった
8.もっと自分の情熱に従うべきだった
9.もっと自分の本音を言うべきだった
10.もっと目標を達成すればよかった

どうでしたでしょうか?

1つでもいいので、
是非今日からあなたの人生に、
取り入れていってほしいと思います。

なんとなく分かってはいても、
実行できなかったら、
それはやっぱり後悔になります。

どうせ一度きりの人生なら、
後悔がないように生きたいですね。

実はこれ、20個あるんですが、
長くなるので2つに分けています。
続きはこちらからご覧ください。
→後悔しない人生の為に、10代20代から意識するべき10のこと


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. グラフと黒板
  2. 苦悩
  3. cracks-1287495_1280
  4. lonely-604086_1920
  5. ペンギン
  6. clipboards-924044_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。