清原和博が取引をした群馬のラブホはどこ?覚せい剤の入手経路は

この記事は2分で読めます

interior-1026452_1920




清原和博騒動から、約1週間経ちました。

清原容疑者は取引を、
ラブホでしたという事ですが、
一体どこのラブホテルなんでしょうか。

群馬県のラブホテルという事を考えて、
一体どこで取引が行われていたかについて、
迫ってみたいと思います。

また、清原容疑者の次は誰?
ということも非常に話題になっています。
それについてはこちらをどうぞ。
⇒清原和博逮捕の次は誰?
捜査線上にあがる4人の芸能人とは


◎取引にラブホを使っていた?

清原和博容疑者が、
覚醒剤取締法違反(所持)容疑で、
逮捕された事件に関してです。

群馬県内で密売人と取引する際には、
高速のインターチェンジ付近で、
接触していたようです。

土地勘のある密売人から、
スマホで指示を受け取引場所も毎回変え、
モーテルタイプのラブホを使用していたようです。

どうやら清原容疑者は、
密売人と別々に車で群馬県や栃木県に向かい、
現地で密会していたみたいですね。

その際には必ず高速道路のインターの付近で、
取引を行っていたこと分かりました。

おそらくインターチェンジ付近であれば、
すぐに東京に戻る事が出来る
といった理由からでしょう。

2015年の夏ごろから、
頻繁に北関東ルートが、
使われるようになったようです。

また部屋と駐車場が隣接する、
モーテル型ラブホテルに加え、
インターに近い商店の駐車場なども使われた模様です。


◎清原が使ったラブホはどこ?

清原和博が取引に使った、
ラブホテルは一体どこなのでしょうか?

私の方で調べてみましたが、
どこにも載っていなかったので、
独自に考察してみました。

今回は群馬県で、
インターチェンジに近い、
ラブホテルをリストアップ。

中でもそれっぽい候補を、
紹介していきたいと思います。


清原容疑者密会に使用したと思われる、
ラブホテル一覧(独自予想)

【伊勢崎インター近く】

・ホテルピュアゲート伊勢崎
⇒http://www.hotenavi.com/puregate02/index.html

【高崎インター近く】

・現代楽園
⇒http://www.hotenavi.com/g-rakuen2/index.html

【前橋インター近く】

・ホテルアプリコットグランデ
⇒http://www.hotelapricot.jp/grande/
・ティファニー
⇒http://www.hotenavi.com/dragon-tf/index.html
・アンゼラ
⇒http://www.hotenavi.com/anzera-mae/index.html

私が調べた感じでは、
以上の5つのラブホテルが、
怪しいと思います。

また詳しい情報が入り次第、
お知らせしていきますね。


スポンサーリンク




◎なぜラブホを使ったのか?ゲイ?

実は覚せい剤の取引場所として、
ラブホテルはよく使われます。

一番の理由は、普通のホテルと違って、
フロントで名前等を書く必要がないから、
なんだそうです。

確かに誰にも見られずに、
ホテルに入る事が出来ますからね。

そしてその後1人ずつ別々に、
ホテル内に入り、部屋で待ち合わせる、
というパターンが主流のようです。

風俗のお姉さんを部屋に派遣する、
という利用者も多いため、
1人での入室も怪しまれないようです。

たしかに怪しまれる事は、
少ないと思います。

私も実際に、宿が他になくて、
安いので普通にホテルとして、
1人でラブホを使ったことがあります。

別に清原容疑者が、
ゲイという事ではないと思います。

取引だけしてすぐに部屋を出たら、
逆に怪しまれるので、
あえて一晩過ごしたのでしょう。

清原容疑者がなぜばれたのかと、
覚せい剤にハマった理由については、
こちらの記事にまとめています。
⇒清原の覚せい剤はなぜばれたのか?
バレた理由とハマった理由


◎まとめ

・清原容疑者は、北関東で、
インターチェンジ付近のラブホを、
取引場所にしていた模様

・私が独自に調べた結果、
5つのラブホが候補に挙がった

・清原容疑者はゲイではない。
取引にラブホを使うのは常套手段。


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. speech-1019777_1920
  2. boxing-211347_1920
  3. natural-1225186_1280
  4. taiwan-26129_1280
  5. man-871960_1920
  6. マイク握る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。