ブラックとの噂?大学生バイトの定番、家庭教師って実際どうなの?

この記事は3分で読めます

グラフと黒板


スポンサーリンク




桜もいよいよ満開、
新学期の季節ですね。

この春から大学生となり、
アルバイトを始めてみようと、
考えている方も多いでしょう。

という事で今回は、
大学生バイトの定番、
家庭教師について書いてみます。

ブラックとか言われるけど、
実際どうなの?休みは?給料は?
などなど疑問にお答えします。

僕が実際に経験をしており、
リアルな話が出来ると思いますので、
是非ご覧ください。


◎時間の自由はききやすい

悪い点は後で話すとして、
良い点から挙げていきましょう。

まずこれが一番大きいと思いますが、
時間の自由がかなりききます。

もちろん家庭教師ですから、
基本的には生徒さんとのやり取りとなり、
指導時間も基本的には自由です。

自分の授業や、生徒さんの都合で、
別にいつ授業してもいいわけです。

あらかじめ伝えておけば、
長期の旅行に行く事だって、
容易だと思います。

これが例えば飲食店とかだと、
なかなかうまくいきません。

続けて休みを取るというのは、
想像以上に難しいのです。

ですが家庭教師であれば、
本社とのやり取りも少なく、
基本は自由なスタイルです。

塾講師であれば、
また話は変わってくると思います。


◎成長を実感できるやりがい

これは例えば塾講師とかでも、
基本的には一緒だと思いますが、
これも大きな要素です。

生徒の学力が上がったり、
志望校に合格したりと、
間近で生徒の成長が実感できます。

この感覚って、
なかなか他のアルバイトでは、
実感出来ないんですよ。

なぜなら入ったばっかりの時は、
教えてもらう事ばっかりで、
教える事はまずないから。笑

そりゃそうですよね。

入った時点で、
ある程度の立場が確保されている、
そういう仕事ってそんなにないです。

人が成長する瞬間って、
なかなか見れないですよ。

周りは同じレベルですし、
いざ社会に出たら、
自分は最下層ですから。

人の成長を感じる瞬間は、
本当に感動が得られます。

僕も自分がずっとみてきた生徒が、
志望校に合格した時は、
やっぱりとても感動しました。

貴重な体験が出来る、
という意味でも家庭教師は、
大学生におすすめのバイトです。


スポンサーリンク




◎ブラックな側面は否めない

「家庭教師」「塾講師」
と聞くと何となくですが、
ブラック企業なイメージですよね。

正直に言ってしまえば、
その感覚はあながち、
間違ってはいません。

家庭教師や塾講師の時給は、
大体1500~2000円と、
比較的高めの水準になっています。

しかしここにはちょっとした、
落とし穴があるのです。

移動時間や準備時間など、
時給の発生しない時間が、
結構多い
んですね。

例えば職場までの移動に、
片道1時間かかることは、
別に普通かもしれません。

ただそれがサラリーマンでなく、
家庭教師だと話は違ってきます。

ですが往復2時間かけて、
90分の授業を行うと考えると、
そのロスは大きく感じます。

そうなんですね。

家庭教師は基本的に、
1つの家庭ではだいたい、
60~120分の指導が一般的です。

その後に別の家庭も行くなど、
スケジュールの組み方を工夫しないと、
非常に非効率的なバイトとなります。

空いた時間を活用できる、
と言えば聞こえはいいですが、
逆に言えば、稼ぎにくいのです。

実際に僕の場合も最初の月は、
中学生を週に2回(1回90分)で指導して、
月に2万円程度でした。

これを良しととらえるか、
悪いととらえるかは、
個人の価値観次第です。

ただ1つ言えるのは、
総じて家庭教師の本部は、
結構言いたい放題言ってきます。

その全てを聞いていたら、
とても遠い家庭の担当になったり、
非効率な働き方が出来上がります。

指導の時間を入れ過ぎて、
大学生活に支障が出る事も、
あり得るでしょう。

先生と本部側の関係が、
希薄であるが故に、結構向こうも、
めちゃめちゃな事を言います。

ですのであなた自身は、
自分の意思を持って、
自分の出来る範囲でやりましょう。

そうでないと自分も苦労するし、
担当する生徒とその家族にも、
迷惑をかける事になります。

自分はどう働きたいのかを、
明確にした上で、選択肢として、
家庭教師は全然ありだと思います。

いいんですよ、強気に出れば。

指導するのはあなたですから、
「無理なものは無理」
「やるものはやる」

というように意思を示して、
自分のやりたいようにするのが、
家庭教師の働き方です。

僕自身は実際に経験してみて、
やって本当に良かったと、
そう思っています。


◎まとめ

・なんといっても魅力は、
時間をうまく有効活用できる点

・生徒の成長を実感でき、
非常にやりがいは得やすい

・塾講師等も含めて、
時給の発生しない時間が多く、
待遇面ではやや低い評価

・ブラックな側面も否定できず、
しっかり自分の権利を主張し、
自分を大切にする覚悟が必要


スポンサーリンク



今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. hamburg-1050643_1920
  2. credit-card-851502_1920
  3. fingerprint-456483_1280
  4. atm-313958_1280
  5. doctor-650534_1280
  6. euro-870757_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。