地震時の持ち物リスト!震災に備え枕元や非常用袋に用意する物は?

この記事は3分で読めます

checklist-911841_1920


スポンサーリンク




地震などの災害が起こった時に、
避難所までの持ち物は、
どういった物が考えられるでしょう。

震災等の非常時に備えて、
枕元や非常用袋の中に、
事前に用意しておくべきですよね。

ただ何でもかんでも用意したら、
いざという時に避難するのに、
時間がかかってしまいます。

自分の体力や家族構成などを考慮し、
本当に必要なものを、
厳選しておく事が大切です。

ガレキの中を走ったり、
階段や山道を駆け上る状況も、
考えられます。

ですので持ち出す荷物は、
極力軽くするのが望ましいです。

地震の際の持ち物リスト、
枕元や非常用袋に用意すべき物を、
まとめておきたいと思います。

また車の中で避難する場合に、
気を付けなければいけないのが、
エコノミークラス症候群です。

エコノミークラス症候群の、
症状や対策、予防はこちらです。
⇒エコノミークラス症候群の症状とは?
地震の際の予防と対策は?


◎枕もとに用意しておくべき物は?

枕元に用意しておくべき、
最重要の持ち物を、
確認しておきましょう。

これはもう絶対です。

ここに入ってくるものが、
不要という事はあり得ないので、
漏れなく用意してください。

もちろんその他にも、
個人で絶対に必要なものは、
枕もとに用意しておきましょう。

・ホイッスル
・懐中電灯やLEDライト
・靴(最悪サンダルでも可)
・お菓子類少量(溶けないもの)
・500ml以下の飲み物


なんでホイッスル?
と思う方もいるかもしれません。

もしも生き埋めになってしまった場合など、
いくら叫んでも声が届かないことがあります。

また、叫び続けるということは、
非常に体力を消耗するので、
ホイッスルを持っておくと便利です。

できれば常に携帯しておきましょう。

あとは家の中でも、
地震が起きたら常に、
靴を履くようにしてください。

グラスやガラスや食器が割れ、
家の中も外も、そこら中が、
ガラスの破片だらけだからです。

足の裏を切った場合、
水が出なければ傷口も洗えず、
足の裏が痛くて歩けません。

地震後の行動についてはこちら。
⇒地震が起こったら、まず何をする?
地震が起きたときにやるべきこと


◎非常用袋に入れておくべき物は?

いざ地震が起きてから、
必要なものをバッグに詰め込む、
そんな時間はもちろんありません。

あらかじめ非常用袋を用意して、
その中に必要と思われるものは、
全て入れておきましょう。

非常用袋に入れておくべき物は、
以下のリストの通りになっています。

もちろんこれが絶対である、
という事はないですから、
必要に応じて追加してください。

ただあまりにも多すぎると、
重くなる事を忘れずに。

・ホイッスル
・懐中電灯やLEDライト
・小型ラジオ(ラジオの周波数を貼っておく)
・帽子
・地図(緊急避難場所をメモ)
・筆記用具
・コンパス
・軍手
・マスク
・ゴーグル(水中眼鏡)
・雨具
・ナイフ
・缶切り
・ガムテープ
・ライター
⇒ろうそくやマッチはビニールに包む
・お金(お札だけでなくコインも)
・簡易携帯トイレ
・非常食
・ゴミ袋(大小)
・家族の写真(他人に見せて探す場合がある)
・保険証(コピーでも可)
・医薬品(絆創膏や傷口用の消毒液)
⇒風邪薬、胃腸薬、常備薬なども


2回登場しているのもありますが、
大して重いものでもなければ、
枕元と非常用袋の両方に。


スポンサーリンク




◎赤ちゃんがいる場合は?

上記のものに加えて、
家庭に赤ちゃんがいる場合は、
さらなる備えが必要です。

・赤ちゃんのご飯 (離乳食品、カップなど)
・粉ミルク、哺乳瓶
・赤ちゃんを背負う道具 (両手が自由になる)
・ネームタグ(はぐれても大丈夫なように)
・赤ちゃん用の薬(成人用とは強さが違う)
・着替え
・おくるみ
・タオル
・おしめ
・ウエットティッシュ等


ネームタグがない緊急の場合は、
額や手、足の裏などに油性マジックで、
名前を書くだけでもいいです。

ネームタグに書くべきものは、

・赤ちゃんの名前
・住所
・両親の名前、
・携帯電話アドレス
・既往症、
・アレルギー
・かかりつけの病院名


などですね。
家族の写真を入れておくと、
さらに良いと思います。

地震後にまずどう行動すべきか、
という点については、
こちらの記事にまとめています。

合わせてお読みください。
⇒地震が起こったら、まず何をする?
地震が起きたときにやるべきこと

また車の中で避難する場合に、
気を付けなければいけないのが、
エコノミークラス症候群です。

エコノミークラス症候群の、
症状や対策、予防はこちらです。
⇒エコノミークラス症候群の症状とは?
地震の際の予防と対策は?


◎まとめ

・枕もとには、ホイッスル
懐中電灯、靴、お菓子、
飲み物を必ず用意しておく

・地震が起こる前に、
非常用袋の中に必要なものは、
全てぬかりなく用意しておく

・家庭に赤ちゃんがいる場合は、
さらに追加で備えが必要なので、
よく確認して準備しておく


スポンサーリンク



今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

もしお問い合わせ等ありましたら、
下記フォームよりお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. PAK86_asacyun20140125
  2. woman-1031000_1920
  3. cracks-1287495_1280
  4. サウナ
  5. euro-870757_1280
  6. OOK85_kahunkitu20150314132420
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。