フリーランス歯科医師、岩田雅裕の経歴!何故カンボジアで活動?

この記事は2分で読めます

doctor-650534_1280




2016年2月21日放送の「情熱大陸」で、
岩田雅裕さんという方が、紹介されました。

口腔外科医である岩田雅裕さんは、
世界最貧国の一つと言われる、
カンボジア王国で医師として活躍しています。

旅行で訪れたカンボジアで、
医療制度が崩壊し、病に苦しんでいる、
多くの患者を見たのがきっかけなんだそう。

自費でカンボジアへ渡り、
孤軍奮闘しています。

日本では相当な地位にいた人ですが、
その地位を完全に捨て、
フリーランスの医師となりました。


◎岩田 雅裕の経歴は?

名前:岩田 雅裕(いわた まさひろ)
生年月日:1960年
出身地:兵庫県
職業:口腔外科医
学歴:岡山大学


岩田さんは、医師として、
2013年にフリーランスへ転身しています。

それまでは「外科部長」という役職で、
日本国内において、
相当な高い地位で活躍していました。

なんとフリーランスに転身して、
年収が5分の1になったんだそうです。

普通であればフリ―になれば、
年収は上がるイメージですが、
なかなか現実は厳しいようです。

外科部長の年収は、
1400万円~1800万円ぐらいが、
相場であると言われています。

多めに1800万円だと見積もっても、
それが360万円に下がるという事です。

これって、すごい事ですよね。
この決断はなかなか出来ないです。

それでも岩田さんは、
カンボジアの医療に従事することを選びました。

カンボジアは長い間、
軍事政権下にありました。

人々の生活は貧しく、
医療制度自体もほとんど、
あってないようなものなのだそう。

旅行で訪れた時に、
カンボジアの小児病院での、
厳しい現実がきっかけのようです。


◎なぜカンボジア?

収入の安定している勤務医の座を、
捨ててまでカンボジアへ渡ったのは、
なぜなんでしょうか。

おそらく僕の考えでは、
「カンボジアの医療を変えたい」
というその気持ちだけだと思います。

ベッド数が足りない。
医師の数が足りない。
屋外診療も当たり前。
医療器具も揃っていない。

カンボジア旅行の際に、
その惨状を目の当たりにして、
岩田雅裕は思ったのではないでしょうか。

この現状をなんとしても、
変えていかなければならないと。

本当に素晴らしい志です。

僕もこれを書きながら、
見習っていかなければな、
と思いました。


スポンサーリンク




◎岩田雅裕の医療活動はボランティア?

一般的に海外で医療活動に従事するのは、
NPO法人が関与したり、海外青年協力隊などの、
組織の一環で行われることがほとんどです。

しかしながら、彼の医療活動は全て、
「ボランティア」なんです。

日本とカンボジアの往復の渡航費、
現地での滞在費、手術にかかる費用は、
彼が全て出費しているですね。

生活の拠点はカンボジアで、
奥様と2人で住んでいるんだそうです。

ただカンボジアでは、
お金を稼ぐことが出来ないため、
時々日本に帰ってお金を集めています。

日本で非常勤医師として働き、
そのお金を、カンボジアでの、
活動費に回しているのです。

そこまでしてまで、
カンボジアでの医療活動を、
続けているわけですね。

本当に素晴らしいという、
その一言しかありません。


◎まとめ

・岩田雅裕は、カンボジアで活躍する、
フリーランス歯科医師。

・カンボジアの医療の惨状を見て、
岩田雅裕はカンボジアで医療活動を決意。

・カンボジアでの医療活動はボランティアで、
時々日本に帰国しては、
カンボジアでの活動費を稼いでいる。


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. dictionary-698538_1920
  2. lights-951000_1920
  3. man-1123130_1920
  4. fountain-pen-745308_1920
  5. 音楽
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。