ハリーポッターの最新刊第8巻の発売が決定!ストーリーや発売日は?

この記事は4分で読めます

old-book-1157672_1920




その最新刊となる第8巻
『ハリー・ポッターと呪われた子ども』が
2016年7月31日に発売されることになりました。

第7巻の発売から9年ぶりの新作ですが、
これは元々イギリスで上映予定の、
舞台版ハリーポッターの脚本です。

発売日は2016年の7月で、
『ハリー・ポッターと死の秘宝』から、
19年後のストーリーになっています。

結婚して3人の子供の父親となり、
魔法省で働くハリーが、末っ子のアルバスと共に、
闇の勢力と戦っていくという内容になっています。


◎ハリポタ最新作が2016年7月に発売

全世界で累計4億5000万部という、
モンスター級の売上を誇る、
「ハリー・ポッター」シリーズ。

その最新刊となる第8巻
『ハリー・ポッターと呪われた子ども』
の発売が2016年7月に決まりました。

完結編となる第7巻の発売から、
実に9年ぶりの新作になります。

ただ実はこれ、今までの作品とは、
少しテイストが異なります。

この作品は、英国で上演される、
舞台版ハリーポッターの、
原作なんですね。

「英国まで舞台を見にいけない」
と嘆くファンからの声を受けて、
書籍化が決まったそうです。

ハリーポッターの舞台は2部構成で、
ロンドンのウエストエンドにて、
7月30日に開幕の予定となっています。

第8巻は、ハリーの誕生日でもある7月31日に、
紙の書籍と電子書籍の両方で、
発売されることが決まっています。

ストーリーは、
シリーズ作者のJKローリング氏と、
人気脚本家兼劇作家のジャック・ソーン氏、
舞台監督のジョン・ティファニー氏の共同で。

それをソーン氏が脚本化しています。

話が始まるのは、
『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後。

結婚して3人の子供の父親となり、
魔法省で働くハリーと、末っ子のアルバスが、
主な登場人物になりそうです。

ポッター一家が背負う過去や宿命、
闇の勢力と戦っていく、
といったような内容になっています。

僕自身もハリーポッターの大ファンで、
最終巻を読み終えた時は、
かなりがっかり
してしまいました。

もうさすがに続きはないと思っていたので、
非常に楽しみですよね。
夏が待ち遠しいです。


◎金儲けの為と非難殺到?

しかし、一部の熱狂的なファンからは、
「金のための出版は、恥知らずな振る舞いだ」
と非難する声も出ているようです。

僕はあまりそうは思いませんが、
たしかにそういう見方もあるかもしれません。

おそらくそういう厳しい意見が出るのは、
第8巻が「2種類」発売されることを、
言っているのだと思います。

1冊は「特別リハーサル版」で、
脚本が途中で手直しされる可能性があるので、
こういうタイトルになっています。

そしてその後、
「決定版コレクターズ編集版」
が出されるそうです。

たしかに、
これはお金の匂いを感じますね。
明らかに最終版だけで良い気がします。

コアなファンは両方買うでしょうから、
それで売上アップを狙う作戦ですかね。

ジャニーズのCDとか、
AKBとかがよく使ってる手法です。

まあでもそれも仕方ないですね。
本の売上が落ちてきているようなので。

電子書籍版ハリーポッター(全7巻)は、
ローリング氏が11年に開設した公式サイト
「ポッターモア」で12年から販売が開始。

発売3日間で約100万ポンド
(約1億6400万円)を突破するなど、
驚異的に売上を出しました。

しかしその後は勢いが落ち、
「ポッターモア」は低迷しています。

2015年のポッターモアの売り上げは、
700万ポンド(約11億4700万円)です。

数字だけみると、
かなり良いように思えますが、
2014年の4分の1以下になっています。

売上が4分の1というのは、
会社としては、
かなり厳しいですよね。

2014年は1490万ポンド
(約24億4300万円)の黒字でしたが、
2015年は600万ポンド(約9億8300万円)の赤字に。

なんとスタッフを10人リストラして、
30人にしたそうです。

おそらく今回の新作発表で、
売上を押し上げようという事でしょう。

本の内容も気になりますが、
売上も気になるところですね。


スポンサーリンク




◎最新作の映画化は?

舞台版の脚本とはいえ、
やはり気になるのは映画化するのかどうか。

これについては、
まだ正式な情報はありません。

ただ、この最新刊である、
『ハリー・ポッターと呪われた子ども』の
映画化はほぼ確実だと思います。

やはりみなさん観たいですよね?
僕は観たいです。

ハリーポッターと言えば、
出せば出すほど売り上がる、
ドル箱的作品ですからね。

映像化は間違いないと思います。

そもそもこの本の発売が決まったのも、
イギリスまで舞台を観にいけない方達の、
リクエストがあったからです。

そうなれば当然、
この作品も映像で観たくなるはずですから、
映画化になっていくはずです。

それに関しては、
また詳しい情報が入り次第、
お知らせしていきたいと思います。

またハリーは出てきませんが、
JKローリング原作の、
スピンオフの映画化が決まっています。

タイトルは、
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
というタイトルです。

この作品は、
ハリーたちの物語の70年前の話で、
ニューヨークが舞台になっています。

この映画の主人公は、
ニュート・スキャマンダーという人物。

この人物は、ホグワーツの教科書にもなっている
『幻の動物とその生息地』の著者で、
魔法界の生物を研究している魔法生物学者です。

このニュート・スキャマンダーが、
冒険をするストーリーとなっていて、
ローリングが初めて映画の脚本を手掛けています。

監督は、映画『ハリー・ポッター』シリーズの、
最後の4作品を手掛けたデヴィッド・イェーツが
務めることが決まっています。

この映画に関しては、
こちらの記事をご覧ください。
⇒2016ハリーポッター新シリーズのタイトルは?
映画新作の公開日等


◎まとめ

・ハリポタ最新作の発売が、
2016年7月31日に決定。タイトルは、
『ハリー・ポッターと呪われた子ども』

・お金儲けの為ではないかと非難もあるが、
やっぱりファンは最新作が観れるなら観たい

・映画化についてはまだ情報がないが、
映画化はほぼ確実と思われる。

映画最新作に関しては、
こちらの記事をご覧ください。
⇒2016ハリーポッター新シリーズのタイトルは?
映画新作の公開日等


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 荒川良々
  2. phone-603048_1920
  3. microphone-626618_1920
  4. wedding-322034_1920
  5. oselle-444770_1280
  6. interior-1026452_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。