デスノート2016のキャスト発表に不安の声?他のキャスト情報も

この記事は5分で読めます

ノート




2016年注目の映画、
『デスノート 2016』
のメインキャストが発表されました。

映画としては、
かなり久しぶりの新作
公開は2016年の秋を予定しています。

2006年に公開された映画、
『DEATH NOTE デスノート』
の続編となる作品です。

今回発表されたのは、
メインキャストの3人。

これに加えて噂されている、
その他のキャストに関して、
考察してみたいと思います。

デスノート2016のストーリーに関して、
考察をした記事を追加しています。
こちらも合わせてご覧ください。
⇒デスノート2016のストーリーを大胆予想!ポイントは6冊ルール


◎メインキャストの3人が発表!

2016年秋に公開予定の、
デスノートの最新作。

期待が日々高まる中、
主要キャストの3人が、
ついに発表になりました。

その3人とは、東出昌大さん、
池松壮亮さん、菅田将暉さんの3人。

いずれも若手の中では力もあり、
演技派といわれる面々ですね。

特に池松さん菅田さんは、
若手の中でもトップクラスの実力だと、
私は考えています。

それぞれのコメントが発表されているので、
役柄と合わせて、ご覧ください。


・東出昌大さん(三島創)

東出さんが演じるのは、
今作の主人公である、三島創。

三島創は、
デスノート対策本部特別チームの
捜査官という設定です。

三島は10年前のキラ事件と、
夜神総一郎の資料から、
夜神月のことを徹底的に調べ上げる。

研究ノートを作成し、
【デスノートヲタク】
と呼ばれるほどになっています。

それだけ「事件とルール」に、
精通する人物を登場させるという事は、
前作までの事件と、ノートのルールを、
惜しみ無く使ったストーリーなのでしょう。

主演の東出さんは、
「今回の『デスノート』も天才対天才の対決を描いていて、しかも僕ら3人の人間関係が複雑に絡み合った天才同士の三つどもえの戦いになっています」

「もともと原作世代なので、前作の映画も見ていたし、その10年後を演じる意義やプレッシャーも感じますが、きっと池松くん、菅田くんと共演できたからこその物語になっていると思います」

「前作で『デスノート』の持つ極限のテーマに魅力を感じてご覧になっていた方は、もちろん今回も楽しんでいただけると思いますし、ここから観始める方でも楽しめる作品になっていると思います。」

と語っています。

気合いも入っていて、
非常に公開が楽しみですね。


・池松壮亮さん(竜崎)

また、三島とともにデスノートを追う、
世界的探偵、竜崎役には、
池松壮亮さんが抜擢。

竜崎はLが、
生前に遺した遺伝子から生まれた、
正統な後継者という設定です。

池松さんは、2015年は、
大活躍の年でしたよね。

本当に高い演技力を、
数々の作品で魅せてくれました。

また、何故か脱いでいるシーンが、
多いことでも話題になっていましたよね。

宮沢りえさんとの共演の、
『紙の月』がまさにそうでしたが、
非常に惹きつけられる俳優さんです。

池松さんは、
「人間はとても愚かで弱い生き物だということを、改めてもう一度デスノートに教えてもらっているような気がします。前作から10年を経て、新たな監督スタッフキャストで、前作を超えるべく日々撮影に挑んでいます。」

「沢山の人にワクワクしてもらえるようなエンターテイメントとして、それからこの御時世にやる意味を込めて、この作品を送り出せたらなと思っています。」

「松山さんの作り出した歴史に残るLという凄いキャラクターを継承しつつ、やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります。駄目だったらネットで叩いて下さい。」

最後にはお茶目なコメントも。

芸能人の方たちも、
結構ネットの評価も気にするようです。

私も一情報発信者として、
気を引き締めようと思います。

池松さんはかなり実力がありますし、
新しい「竜崎」に対しても、
非常に期待が持てますね。


・菅田将暉さん(紫苑優輝)

そして、三島や竜崎を翻弄する狂気の天才、
サイバーテロリストの紫苑優輝に、
菅田将暉さん。

紫苑は狂った男に一家全員を殺され、
その犯人をキラが殺してくれたことから、
キラを【神】と崇めるようになります。

高度なハッキング能力を駆使して、
世界中に落とされたデスノートの争奪に、
いち早く参戦していくという役柄です。

菅田将暉さんは、
「前作を一観客として観ていたので、衣裳合わせの時や死神の造形物などを見て、「あっ、これが『デスノート』の世界なんだ」と素直に興奮しました。」

「僕が演じる紫苑はキラを崇拝するサイバーテロリスト。役作りをする上で原作に出てくるLの2人の後継者=メロとニアからイメージを抽出しました。」
「原作の夜神月とLの戦いから繋がる後半の物語も僕は大好きなので、そこに登場するメロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージです。」

役のイメージを作品から抽出すると、
コアな原作ファンも、
受け入れやすそうですよね。

「演じる上で日々本当に自問自答していますが、
前作を凌駕する作品になればと思っています。」

との事です。

非常に演技力の高い菅田さんですので、
楽しみな新キャラとなっています。


スポンサーリンク




◎その他キャストは?

今回発表されたのは3人。
東出さんと菅田さんは、
以前から予想されていましたよね。

また池松壮亮さんについても、
ネット上では候補に挙がっていました。

実はまだ発表になっていませんが、
撮影現場にいるのを目撃されるなど、
「キャストなのでは?」
という方が何人かいらっしゃいます。

・山本美月さん
・松山ケンイチさん
・川栄李奈さん(元AKB48)
・斎藤工さん

以上の方達の目撃情報があります。
それぞれについて、書いていきますね。


・山本美月さん

おそらく数少ない女性キャスト。

モデル出身の山本美月さんが、
東出さんと三宮の元町で撮影をしていた、
という目撃情報があります。

山本さん可愛いですよね。

私も大好きな女優さんなので、
是非キャストであってほしいなと、
勝手に思っております。


・松山ケンイチ

こちらもtwitterで目撃情報あり。

ただし松山ケンイチさん演じる、
「L」は劇中では既に死んでいます。

今回のデスノート2016は、
その10年後の話ですので、
なかなか信じがたい話です。

ただ、デスノートの中でも、
「L」は特に人気のあるキャラ。

実写版の前編・後編が作成された後、
「L」を主人公にしたスピンオフ作品が、
別で作られるほどの人気ぶりです。

ですので今回の2016でも、
出演があってもおかしくないと思います。

例えば回想シーンで登場するとか。

あとありそうだなと思うのは、
過去にLが撮影した動画を、
新しいキャストが観るシーンとか。

ともかくあの「L」をまた、
スクリーンで観られると思うと、
とてもワクワクしますね。


・川栄李奈(元AKB48)

今回正式に発表になった、
菅田将暉さんと丼屋さんで、
一緒の姿が目撃されています。

菅田さんと一緒にいたという事で、
かなり信憑性は高いですね。

別の映画の撮影以外は、
考えられないです。

時期的にビンゴだと思うし、
別の映画なら普通に出演を、
隠さないですからね。

正直川栄さんって、
演技力あるイメージないですが笑

とりあえずデスノート2016に、
川栄さんもキャストとして出演で、
ほぼ間違いない
と思います。

【2016年2月27日 追記】
川栄李奈の出演が、
正式に決定したようです。

川栄が演じるのは、渋谷の街にいる、
一見普通の女の子・青井さくら。

デス­ノートを用いて、
大群衆を恐怖に陥れるという、
重要なキャラクターです。

前作で藤原達也が演­じたキラとは対照的に、
思想を持たず無差別殺人を行う、
史上最悪のデスノート所有者­となっています。


・斎藤工(ちょっと怪しい)

斎藤工さんの目撃情報もありました。

ただこれは情報元も少なく、
少し怪しい感じです。

比較的若年層に人気なデスノートにおいて、
年齢層高めの女性も取り込む
という意味での起用はありえますよね。

少しダークな感じもしますし、
もし出演するのなら、
ノートの持ち主としてが有力でしょう。

ちょっと怪しいですが、
観てみてみたいも気もします。

今後詳しい情報が入り次第、
またお知らせします。


◎まとめ

・メインキャストの3人が発表!
3人とも実力のある若手俳優

・その他キャストの可能性があるのは、
山本美月、松山ケンイチ、川栄李奈、斎藤工

デスノート2016のストーリーに関して、
考察をした記事を追加しています。
こちらも合わせてご覧ください。
⇒デスノート2016のストーリーを大胆予想!ポイントは6冊ルール


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. speech-1019777_1920
  2. wedding-322034_1920
  3. clock-772953_1280
  4. mickey-mause-832112_1920
  5. baby-507335_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。