北川景子とDAIGOが結婚を発表!このタイミングの理由は?

この記事は2分で読めます

wedding-322034_1920

スポンサーリンク



以前より交際中だった女優の北川景子(29)さんと、
歌手でタレントのDAIGO(37)さんが11日、
婚姻届を提出し、結婚したことを発表しました。

新年早々嬉しいニュースが入ってきましたね!
年明けは比較的ネガティブなニュースが多かったので、
そんなムードを吹き飛ばす明るいニュースです!

一番喜んでいるのは、ベッキーさんかもしれません。
(インパクトが強すぎて吹き飛ばしきれないか..)

1月11日に2人の公式サイトとブログで発表しています。

北川景子さんは、

「私事ではございますが、皆様にご報告させていただきます。
私、北川景子は、DAIGOさんと本日1月11日に入籍致しました」

DAIGOさんも、
「兼ねてからお付き合いしていた北川景子さんと、
今日1月11日に入籍いたしました」

とそれぞれ報告をされています。

続けてDAIGOさんは、
「最初から入籍を済ませた後にきちんと自分の口から、
自分の言葉で報告をしようとずっと思っていたので、
やっと皆様にお伝えすることが出来てとても嬉しく思います」

と喜びを露わにしており、

「これから2人で楽しく笑顔のたえない、
ロックでうぃっしゅな家庭を築いていきたいと思っています。
力を合わせて、支え合って、
より一層仕事も頑張っていきたいと思っています」

と決意を新たにしているようですね。

北川さんも、
「30歳を迎えるこの年に、新しい人生へ向かい歩み始めます。
人として、役者として、より成長できるよう、
皆様への感謝の気持ちを忘れずこれまで以上に一つ一つの役、
作品と向き合って精進していく所存です」と綴った。

2人は2011年1月期の連続ドラマ
『LADY~最後の犯罪プロファイル~』の共演で知り合い、
14年1月に共演したバラエティー番組で意気投合したようです。

14年春頃から交際に発展し、同年冬に熱愛が発覚していました。
その後も順調に交際を続けていったようです。

15年1月、北川さんの交際報道後、初の公の場でも、
一緒に登壇した本木雅弘(50)さんから、
DAIGOさんの「決めゼリフ「うぃっしゅ!」
を連発されるなど熱愛をイジられていましたし、

2月には「第39回エランドール賞」の授賞式に出席した際も、
DAIGOさんお得意の略語で、「I・Hですね。」
「アイム・ハッピー(I’m happy)です」

と語っているなど、
本人や周囲の喜びようも窺えました。

思わずこちらもにやけてしまうような、
そんな羨ましいカップルです。

昨年8月にDAIGOさんが日テレ系『24時間テレビ』で、
チャリティーマラソンランナーとして100キロ完走後に、
プロポーズしたとも言われており、
1月にも結婚するのではと見られていました。

1月13日からはDAIGOさんが7年ぶりに連ドラ出演する、
日テレ系『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』
(毎週水曜 後10:00)がスタートしますし、

1月16日からは北川さんがヒロインを務めた、
映画『の・ようなもの のようなもの』が封切られます。

年明けから嬉しくなる話題ですし、
2人とも充実した1年となりそうですね。

スポンサーリンク



ベッキーさんの不倫ショックから数日、
世間の暗い気持ちを晴らすような、
嬉しいニュースですよね。

これは半分冗談半分本気ですが、
DAIGOさんと北川景子さんの事ですから、
あえてこのタイミングで発表した、
なんて事もありうるかもしれません。

DAIGOさんは、ベッキーさんがMCを務める、
『モニタリング』にもちょこちょこ出てましたし。

これは私の単なる予想に過ぎないですし、
「そうだったらいいな」
という願望でもあります。

しかしながら、
結果的には「ベッキーさんの不倫」
というビッグに対抗する形になったわけです。

実際にはDAIGOさん北川景子さんが出演する、
ドラマや映画のスタートとの兼ね合いなのでしょうが、
何にせよタイミング的にもベストな、
非常に嬉しいニュースですよね。

2016年がスタートしたばかりですが、
今年はネガティブなニュースよりも、
ポジティブなニュースで溢れる1年であって欲しい、
そう願うばかりであります。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. baby-499976_1920
  2. 可愛い
  3. mobile-616012_1920
  4. chart-line-148256_1280
  5. speech-1019777_1920
  6. 荒川良々
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。