ベルギーの注目選手は?日本戦の放送時間とテレビ放送も

この記事は2分で読めます

GettyImages-481898440-800x478


スポンサーリンク




現在サッカーでよく耳にするサイドバック。

しかしそのポジションの役割や重要性を、
詳細に理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。

かくいう僕も深く理解していないので、
調べてまとめましたのでご紹介します。


◎日本対ベルギーの試合時間やテレビ放送は?

まず日本対ベルギーの、
日本時間での試合時間と、
テレビ放送を紹介します。

【試合時間】
日本時間で7月3日の午前3時
(7月2日の27時)

【場所】ロストフナドヌー

【生中継】NHK総合

続いて対戦相手のベルギーの、
注目選手を紹介します。


スポンサーリンク




◎ベルギーの世界ランキングは?

ベルギーの2018年7月現在の、
FIFAランクは3位となっています。

日本の61位と比べると、
非常に高い順位となっていますね。


◎ベルギーの注目選手は?

強豪ベルギーに関しては、
どの選手も素晴らしいのですが、
その中でも注目選手を紹介します。

まず真っ先に名前があがるのが、
ロメル・ルカク。

ロシアW杯でも既に、
怪我で2試合の出場に留まりながら、
もう4得点も決めています。

コンゴ民主共和国にルーツを持つ、
ベルギー人のフォワードです。

09-10シーズンに16歳でリーグデビューを果たすと、
25試合15得点でベルギーリーグ最年少得点王に。

10年3月にはベルギー代表デビューも果たし、
11-12シーズンにチェルシーへ移籍。

12-13シーズンはWBAへ期限付き移籍し、
13年夏にはエバートンへ活躍の場を移します。

14年夏にチェルシーへレンタル復帰しますが、
出場機会を求めてエバートンへ完全移籍。

16-17シーズンにキャリアハイとなる、
リーグ2位の25得点を記録します。

17年7月には、
7500万ポンド(当時約110億円)ものと高額な移籍金で、
マンチェスターUに完全移籍しました。

もの凄い選手です。
怪我の具合にもよりますが、
出場があれば要注意人物です。


続いて紹介するのが、デブルイネ。
現在、世界最高のゲームメーカーとも言われている、
プレミアリーグのアシスト王です。

チェルシー時代は結果を出せませんでしたが、
レンタル移籍したドイツのヴォルフスブルクで才能が開花。

2015年から所属するマンチェスターシティでは、
グアルディオラ監督から絶大な信頼を寄せられ、
中心選手として活躍しています。

2017-18シーズンは、
リーグ戦16アシストを記録して、
リーグ優勝に大きく貢献しました。

高精度かつ速いパス、判断スピードに加えて、
前線に駆け上がってのシュートも得意としており、
破壊力抜群のベルギー攻撃陣をけん引する存在です。


デブルイネとともにベルギーの攻撃を牽引するのが、
キャプテンのエデン・アザールです。

チェルシーで背番号10を背負い、
プレミアリーグやヨーロッパリーグで、
優勝に貢献している高速ドリブラーです。

爆発的な加速力とトップスピードでも、
精度が落ちないドリブル技術を兼ね備え、
敵のディフェンスラインを切り裂きます。

カットインからのシュートも得意としており、
アザールとのコンビはかなりの脅威ですね。


タレント揃いのアタッカー陣を、
最後尾から支えるのがGKのティボー・クルトワです。
チェルシーでアザールとともに主力を担っています。

199cmと恵まれた体格に加えて、
シュートへの反応速度も非常に速く、
並みのシュートではゴールを割ることはできません。

長い手を活かしたスローイングも脅威で、
彼が投げたボールから、
一気にチャンスが生まれるシーンも多々あります。


◎まとめ

・日本対ベルギーの試合時間は7/3のAM3時
(7/2の27時)
・ルカク、デブルイネ、アザール、クルトワに注目


スポンサーリンク




今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


もしお問い合わせ等ありましたら、
下記フォームよりお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. engagement-1361074_1920
  2. microphone-626618_1920
  3. baseball-921459_1280
  4. mickey-mause-832112_1920
  5. 吉高由里子
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。