ベッキーと「ゲスの極み」川谷、不倫浮上直後に別れていたか?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク



不倫騒動の渦中にあるタレントのベッキー(31)と、
ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)が、
疑惑浮上直後すぐに別れていた事が8日、分かりました。

ベッキーと川谷は不倫疑惑が世間に発覚する直前の今月5日に、
「けじめの決別」を選んでいたようです。

2人は4日に長崎市の川谷の実家を訪れ、
同日夜に出てきたところを週刊文春の記者に直撃取材されています。

その後の動きとしては、
双方ともすぐに所属事務所に連絡し、
川谷が妻帯者だったことも報告したとの事。

東京にとんぼ返りして事務所関係者を交えて話し合いを持ち、
これ以上周囲に迷惑をかけないため、
5日に「友達として二度と会わない」と約束したようですね。

話し合いの中でベッキーは、
「軽率でした」と繰り返したとそうです。

4,5日とほぼ一睡もしていない状態で6日夜に会見を行い、
事務所関係者は「あまりの憔悴(しょうすい)ぶりに驚いた」
と、会見に臨む直前のベッキーの様子を振り返っていました。

スポンサーリンク



私が想定した中で、最悪のシナリオになってしまいましたね。
他人の恋愛についてどうこう言うべきではないですが、
あえて言うなら、川谷さんがここまで考えていたかどうか。

ここまでは予想していなかったかもしれません。
ベッキーさんが「軽率だった」と繰り返したそうですが、
より軽率だったのは川谷さんだった気もします。

しばらく大打撃を受けるのは、
ベッキーさんの方でしょう。

でも私は前回も書いた通り、
ベッキーさんの新しい一面が見れて、
むしろ良かったとすら考えています。

川谷さんの奥さんも、
世間にここまでインパクトを与えるとは、
思っていなかったのではないでしょうか。
(私は奥さんがタレ流したのだとみています)

あえて一番ゲスいのは誰か決めるとしたら、
川谷さんの奥さんだと私は思いますが。笑

今の2人を取り巻く状況は、大変厳しいものです。

しかし、きっとこの経験を乗り越えれば、
ベッキーさんはタレントとして、
川谷さんさんはアーティストとして、

さらに深みを私達に見せてくれるのではないか、
私はそう考えています。

今回の一件も、
ベッキーさんは女性の魅力として、
川谷さんは音楽へのエッセンスとして、

今後の2人の活動にとって、
プラスになることも必ず出てくると思うのです。

世の見方は厳しいのでしょうが、
私はあえて批判しません。
むしろ、エールを送りたいと思います。

そんな中、ベッキーさんが9日、
フジテレビ系バラエティー番組「にじいろジーン」(土曜前8:30)に、
騒動後初めて生出演しました。

関係者によると、
番組開始前に行われているミーティングの冒頭で、
自ら発言機会を求め、ベッキーさんは謝罪したそうです。

「今回は私ごとでお騒がせしてしまい皆様にご迷惑をおかけすることになり、
大変、申し訳ございませんでした」と謝り、
共演者らはそれを静かに聞いていたという事です。

生放送の番組内では、
騒動について一切、言及しませんでした。

生放送ですし、
「謝罪をするのでは?」
という見方もあったようですが、

今回はその事には一切触れませんでしたね。

すぐにはないかもしれませんが、
いずれベッキーさんの口からこの件について、
語られる時も来るでしょう。

私達視聴者に対して悪い事をしたわけではないですから、
いいです。別に謝ったりしなくていいです。

騒動の渦中の方たちが今本当に大変で、
精神的にもかなり苦しいはずです。

落ち着いて自ら語り始めるまでは、
何も聞こうとしないというスタンスが良いんじゃないでしょうか。

きっと自分の友達だったら、
そうすると思いますしね。

疲れた顔のベッキーさんを見ているより、
笑顔のベッキーさんを見ている方がいいです。

反省するところは反省をして、
あとはいつも通りの元気パワーを、
テレビから送ってもらえればそれが一番だな、

なんて思うのは私だけでしょうか。

ベッキーさん川谷さん関連では、こちらもどうぞ!
→「ゲスの極み」川谷さんは悪かったけど、かわいそうになってきた

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. beat-153442_1280
  2. -shared-img-thumb-BL002-koe-yo20140810_TP_V
  3. money-515058_1280
  4. -shared-img-thumb-N912_atamawokakimushiru_TP_V
  5. uniform-832062_1280
  6. natural-471949_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。