甘利明が睡眠障害で1か月休養はただの甘え?症状や原因、治療法は

この記事は3分で読めます

PAK86_asacyun20140125




現金授受の問題で閣僚を辞任した、
甘利明・前経済再生相が、
1か月の自宅療養に入るようです。

その原因は「睡眠障害」で、
1か月間は国会を休んで、
療養に時間をあてるとの事です。

おそらく現金授受問題で、
精神的に追い詰められ、
睡眠に障害が出たのだと思われます。

「睡眠障害」と言われても、
少しピンとこない方も、
いらっしゃるかもしれませんね。

「睡眠障害」で国会を休むなんて、
甘えだという声もあるようです。

改めて「睡眠障害」に関して、
その症状や原因、対策などを、
まとめていきたいと思います。


◎甘利明が1か月の休養を発表

自民党はに甘利明・前経済再生相が、
「睡眠障害」のため、1か月の自宅療養が、
必要と診断されていると報告しました。

甘利氏は現金授受問題の真っただ中で、
閣僚を辞任した1月28日以降、
国会に出ていませんでした。

野党側がその理由を聞いたところ、
明らかになりました。

先月から問題になっている、
現金授受の問題で、
精神に異常をきたしたのでしょう。

ストレスにより睡眠に以上が出て、
議員としての活動を、
続けられなくなったのだと思います。


◎睡眠障害の症状やその対策は?

「睡眠障害」って、
意外と初耳の方もいると思います。

睡眠障害とは、簡単に言えば、
睡眠に何らかの問題がある状態の事です。

睡眠障害には不眠だけでなく、
昼間眠くてしかたないという、
状態も含まれます。

また睡眠中に起きてくる病的な運動や行動、
睡眠のリズムが乱れて戻せない状態など、
多くの病気が含まれています。

また、睡眠障害のやっかいな点は、
1つの原因や病気だけでなく、いくつかの要因が、
重なって起こる場合が多い点です。

睡眠の何が問題なのか、
その原因は何なのかを突き止める事が、
非常に重要になってきます。

不眠の原因には、環境や生活習慣、
精神的・身体的な病気、薬などが、
考えられます。

原因は1つとは限らず、
色んな理由が複雑に絡み合って、
「睡眠障害」として出てくるんですね。

つまりこれが原因だから、
こういう治療法をすれば良い、
簡単にはいかないという事です。


スポンサーリンク




◎睡眠障害で休むのは甘え?

自分が引き起こした問題なのに、
「睡眠障害」を理由に休むのは甘えだ!
なんて声も聞かれるようです。

たしかに睡眠障害になった一因には、
政治とカネの問題があるでしょう。

しかしながらさっき述べたように、
「睡眠障害」というのは、
原因を1つに絞れるものでもありません。

もともとその傾向があって、
それに今回の件が重なって、
悪化した可能性だってあるわけです。

甘利明自身が引き起こした問題ですから、
説明責任は絶対にあります。

そこを擁護しているわけではありません。

ただ「睡眠障害」は、
思っている以上に辛いものです。

どの程度重症化しているかは不明ですが、
眠りたいのに眠れないのは、
かなり辛いです。

僕も経験したので分かります。

それでいて外から見ると、
いたって健康に見えてしまうので、
「甘え」と捉えられがちです。

これはですね、
実際になった人にしか、
分からないんですよ。

夜寝つけないので、
睡眠薬を使ったり、
仕方なく昼間寝たりするんです。

そんな生活をしていたら、
普通に働けるわけがありません。

僕も精神的なものからの不眠と、
むずむず脚症候群という病気から、
軽いうつ状態までいきました。

外から見たら、
ただ仕事サボってる人ですけどね。

周りや家族から色々言われたり、
自分に価値がないと感じてしまって、
正直、自殺しようとも思いました。

今は克服できていますが、
立ち直るのには、
かなり時間がかかりました。

今まさに甘利さんも、
同じような状態だと思います。

彼のした事を許すわけではないですが、
せめて体調が良くなるまで、
待ってあげて欲しいなと思います。


◎まとめ

・甘利明前経済再生相が
「睡眠障害」のために、
1か月の自宅療養に入ることを発表

・睡眠障害はその原因の究明が難しく、
治療も容易ではない

・政治とカネの問題は別問題として、
睡眠障害で休養をするのは、
決して甘えではなく、正しい判断


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. euro-870757_1280
  2. cracks-1287495_1280
  3. 頭を抱える
  4. OOK85_kahunkitu20150314132420
  5. checklist-911841_1920
  6. OK76_iphone6hikusugi20141221141320
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。