武田双雲が発達障害(ADHD)その特徴や診断、他の有名人は?

この記事は5分で読めます

dictionary-698538_1920




書道家の武田双雲さんが、
自身が発達障害(ADHD)である可能性を、
告白しました。

実はこの発達障害(ADHD)の方は、
想像以上に多いです。

ADHDの特徴から、
自分や知人がそうであるかを、
診断する事も出来ます。

またその原因や治療法、
などについても書いてみます。

芸能人や有名人などで、
その傾向があったり、
打ち明けている人もまとめました。


◎武田双雲がADHDを告白

書道家の武田双雲氏が、
自身が発達障害の可能性が、
あることを明かしました。

「たぶん僕は今で言うと精神の病気?」
のタイトルでブログを更新し、
衝撃の告白をしています。

どうやらネット上の記事を見て、
自分も当てはまるのではないか?
と思ったんだそうです。

武田双雲はこう言っています。
「んで、たぶんぼくもADHD。
度合いはわかんないけど」

ADHDは不注意、多動性、衝動性、
などの症状があります。

生活面においては、
・片付けができない
・時間の管理が苦手
・忘れ物や紛失物が多い

などの特徴を持っています。
(なんか僕も当てはまる気が…)

さらに仕事面でも、
ケアレスミスが目立つ特徴があります。

武田双雲も学生時代は、
イスを作る授業で、全く作れず、
イスが完成しなかったことがあったそう。

さらに続けて、
・裁縫が全く出来ない
・三角おにぎりや箸がちゃんと握れない
・黒板の文字がすぐにゲシュタルト崩壊する

などの具体的な症状が、
ブログに挙がっています。

たしかに、これは少し病的というか、
僕のようなただの不注意とは、
少し違うものと分かります。

それでも今は、
日本を代表する書道家として、
世界で活躍するの武田双雲。

「学校では人と合わなかったけど、
両親やまわりにそれをよい個性と
受け入れてくれる人がいて
恵まれてよかったなぁと思う」

と、自分を支えてくれた周りの人へ、
感謝の気持ちを綴っています。


◎ADHDを診断する方法

「もしかして自分もそうかも…」
「友達や家族がそうかも…」
という方もいるかと思います。

もちろん正規の診断には、
専門の医師が必要になりますが、
毎回そういうわけにもいきません。

完全ではないですが、
簡単なチェックをするだけで、
ざっくばらんにADHDの診断が出来ます。

今回はADHDの3大症状である、
「不注意」「多動性」「衝動性」
のそれぞれに分けて解説します。


「衝動型ADHD」の診断

ADHDの3大症状のうち、
「衝動性」の症状が多いADHDを、
「衝動型ADHD」と呼びます。

衝動型ADHDは突発的な行動が非常に多く、
子供や幼児の場合は、
周りを驚かせる場合もあります。

以下のような症状や特徴を持つ場合、
衝動型ADHDと診断される場合があります。


衝動型ADHDの診断チェック表!

・質問や話が終わる前に、遮るように答える
・急に話し出す
・順番を待つことが難しい
・人の邪魔をしたりする
(人の会話の邪魔をする、仕事の邪魔をする等)


このような症状や特徴が多く、
6か月以上続いた場合、
衝動型ADHDの可能性があります。

衝動型ADHDは上記以外でも、
突発的な行動が目立ちます。

しかしながら幼児期や、
小学校低学年次ぐらいの時期は、
こういった事は普通に見られます。

ですのですぐに判断をせずに、
6か月以上続いた場合、
それを疑うのがよいかと思います。

衝動型ADHDは大人になるにつれ、
自分で衝動を抑えられるようになり、
症状が出にくくなっていく場合が多いです。

衝動型ADHDは、自分よりも、
他人に迷惑をかける場合が多い事も、
大きな特徴です。

したがって自分では、
気が付かない場合も多くあります。

「もしかして自分もそうかも…」
と思っている方は、改めて自分の行動を、
振り返ってみるのも良いかもしれません。


「多動性型ADHD」の診断

ADHDの3大症状のうち、
「多動性」の症状が多いADHDを
「多動性型ADHD」と呼びます。

すごく簡単に言ってしまえば、
じっとしていられない感じです。

じっとしていることが出来ず、
前触れなく唐突に行動してしまう、
そんな感じですね。

そわそわして落ち着きがない方や、
なぜか思い通りに行動できない方は、
多動性型ADHDの可能性があります。

以下のような症状や特徴を持つ場合、
多動性型ADHDの可能性がありますので、
自己診断チェックしてみましょう。


多動性型ADHDの診断チェック表!

・職場や学校で、じっと椅子に座っていられない
・手や足をそわそわと動かしていることが多い
・座っている事が要求される状況で席を立つ
・不適切な状況で、唐突に動き回ったりする
・順序立てたり、スケジュールを立てられない
・静かに遊んだり、静かに過ごせない
・しゃべりすぎてしまう


このような症状や特徴が多く見られ、
6か月以上続いた場合、
多動性型ADHDの可能性があります。

大人になってからの多動性型ADHDは、
自分からも他人からも、
判断がしやすいですね。

ですので判断が難しいのは、
幼児や子供の場合です。

子供はそれ自体が好奇心旺盛で、
走りまわったり、急に席を立つことも、
特に珍しいことではありません。

安易に多動性型ADHDと判断せずに、
周りの意見を聞きつつ、
総合的に判断するのがいいですね。


「不注意型ADHD」の診断

ADHDの3大症状のうち、
「不注意」の症状が多いADHDを、
「不注意型ADHD」と呼びます。

「不注意」ですので当然ですが、
些細なミス・物忘れが多いことが、
主な特徴となります。

比較的自覚症状として、
自己認識出来る場合が多いです。

どうしても仕事でミスが多い方や、
繰り返し忘れ物をしてしまう方は、
不注意型ADHDの疑いがあると言えますね。

実は不注意型ADHDは、
治療や対応をしっかりとすることで、
症状をかなり抑えられます。

という事でここで、
診断チェックをしてみましょう。


不注意型ADHDの診断チェック表!

・学校や職場において、不注意によるミスが多い
・仕事中や遊び・課題などの活動中に、
注意を継続し続ける事が難しい

・指示に従えない
・与えられたことや義務がやり遂げられない
・順序立てたり、スケジュールを立てられない
・困難な目標、難しい目標を避けたり嫌ったりする
・日々の活動を忘れてしまう。日課を忘れる
・騒音などで注意が妨げられてしまう
・よく持ち物を無くす


このような症状や特徴が多く見られ、
6か月以上続いた場合、
ADHDの不注意型の可能性があります。

特に不注意型は、単なる忘れやすい性格や、
慌ただしい性格と混同されがちです。

正直僕自身も、
どっちか分からないくらい、
忘れやすい性格です笑

ADHDの不注意型でなくとも、
誰でもあるようなことなので、
非常に見分けが難しいですね。

目安としては、
チェック項目が6つ以上、
かつ6か月以上継続していること。

長い間これらの症状に悩んでいて、
大変な思いをしている方は、
一度診療を受けた方がいいですね。


スポンサーリンク




◎有名人でADHDの人も結構いる?

実は有名人の中にも、
「発達障害」ではないか、
という人がかなりいます。

とても挙げきれないほど、
多くの方がいるんですね。

ですので、
その一例を紹介します。


・長嶋茂雄

長嶋茂雄といえば、
その天然ボケが有名です。

色々と事例を考えていくと、
おそらく不注意型ADHDではないか、
という予測が経ちます。

・黒柳徹子

「徹子の部屋」でおなじみの黒柳徹子も、
ADHD、計算障害、読書障害などの
発達障害であったと告白しています。

あの「徹子の部屋」の芸人殺しも、
そういう理由からでしょうね。

・栗原類

ネガティブ過ぎるモデルの栗原類。
テレビで不注意型ADHDだと告白し、
話題になりましたね。

・勝間和代

自身の著書の中で、自身の症状が、
典型的なADHDであることを、
打ち明けています。

・スティーブ・ジョブズ

皆さんご存知、appleの創始者で、
iPhoneを作った張本人。

ジョブズもADHDや、
アスペルガー症候群だった、
と言われています。

・アルバート・アインシュタイン

天才アインシュタインもADHDや、
アスペルガー症候群だったとされています。


その他にも、
過去のエピソードを検証すると、
多くの偉人もADHDと推測できます。

有名どころで言えば、
織田信長や、坂本竜馬なんかは、
ADHDだったと考えられています。

別に「発達障害」だからといって、
どうこうという話ではないわけですね。

実際にその個性を発揮して、
大活躍されている人が、
多くいるんですから。

大事なのは、多少周りと違っても、
それを個性として受け入れる、
そういう気持ちがだと思います。


◎まとめ

・書道家の武田双雲さんが、
発達障害(ADHD)である可能性があると、
自身のブログで告白。

・発達障害(ADHD)は、チェック表を用い、
簡易的に診断することも出来るが、
正規の診断は医師の判断で。

・芸能人や有名人でADHDの方も、
実際に結構いる。大事なのは、
それを理解して受け入れていくこと。


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. bottle-589_1920
  2. YUKI86_odoroitahyoujyou15112844
  3. ambulance-1005433_1280
  4. film-production-237406_1280
  5. money-515058_1280
  6. family-tree-297812_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。