2016年プロ野球パ・リーグ順位予想!優勝するのはどのチーム?

この記事は4分で読めます

baseball-921459_1280


スポンサーリンク




いよいよこの日がきました。
2016年プロ野球が開幕です。

ということで2016年の、
プロ野球順位予想を、
してみたいと思います。

この記事は、パ・リーグの、
順位予想になります。

セリーグの順位予想は、
こちらの記事をご覧ください。
⇒2016年プロ野球セ・リーグ順位予想!
優勝するのはどのチーム?


◎2016年パリーグ順位予想!

ということで、
早速順位予想をしていきます。

理由は後で書くとして、
まず先に予想順位だけ発表します!


1位 ソフトバンク

2位 日本ハム

3位 西武

4位 オリックス

5位 ロッテ

6位 楽天


1位 ソフトバンク

これはもはや誰もが、
文句がないのではないでしょうか。

ほぼほぼ間違いないのかな、
と思っています。

2015年も2位の日本ハムに、
実に12ゲーム以上の差をつけ、
圧倒的な実力を見せつけました。

戦力的に言えば、
そこまでの上積みは、
ないかもしれません。

あえて言うなら、
メジャー帰りの和田毅は、
かなり良さそうですね。

そうでなくとも、
そもそも尋常じゃない巨大戦力で、
しばらくは王者に君臨しそうです。

セリーグとは違い、
かなりの自信を持って、
ソフトバンクが優勝です。

ソフトバンク対その他5球団、
という構図にならない限り、
優勝を阻むのは難しいですね。


2位 日本ハム

ソフトバンクを倒せるとしたら、
おそらくこのチームでしょう。

エース大谷翔平を中心に、
投打のバランスが優れています。

打の中心は4番の中田翔で、
中島など足の速い選手も多く、
すごく観ていて楽しいチームです。

ポイントとしては、
投手陣、特に中継ぎ陣を、
いかに整備していくかですね。

栗山監督も悩んでいましたが、
中継ぎ陣の調子が、
いまひとつ上がっていません。

大谷は絶対的エースですが、
先発の頭数も、
足りないように感じます。

その辺が整備されてくれば、
もしかしたら優勝も、
有り得るかもしれませんね。

Aクラス入り、CS出場は、
ほぼほぼ固いと思います。


3位 西武

個人的には、
一番楽しみなのは西武です。

非常にバランスがいいですよね。

菊池雄星や岸や十亀など、
非常に楽しみな先発投手が多いし、
野手陣もすごく頼もしい。

秋山やおかわりはもちろん、
成長著しい森友哉など、
魅力がつまっています。

全体的に若いのが多いので、
少し計れない部分もありますが、
優勝も十分にあり得ます。

Aクラスに入る確率は、
かなり高いと思います。


4位 オリックス

昨年優勝候補に挙げられながら、
スタートダッシュ失敗が響き、
5位に終わってしまったオリックス。

2016年も厳しい状況は、
続くのではないかと思っています。

ブランコが期待できないですし、
中島も全盛期ほどの力は、
出せそうにないですね。

金子千尋がどこまで頑張れるかが、
成績を左右してくると思いますが、
中継ぎにやや不安があります。

正直実力は未知数ですが、
優勝は厳しいのではないか、
と思っています。


5位 ロッテ

ドラフト1位で平沢大河という、
素晴らしい選手を獲得したロッテ。

ただクルーズや今江が流出し、
やや戦力ダウンのように思います。

若手で魅力的な選手が、
あまり出てきていないのが、
非常にまずいと思います。

先発投手陣が安定すれば、
CSは十分にあり得ますが、
優勝は厳しい位置にいると思います。


6位 楽天

2015年は散々な成績で、
今年の順位予想でも、
かなり厳しい予想が多い楽天。

オコエが新加入し、
ニュース番組等では、
かなり注目が集まっていますね。

ただ高卒の新人に、
あまり期待をかけすぎるのも、
酷な話です。

やはり一番心配が多いのは、
先発投手陣ですね。

田中将大が抜けてから、
絶対的エースが不在で、
なかなか厳しい状況が続いています。

今のところ則本投手の、
孤軍奮闘という感じです。

新加入の今江や、
外国人がどこまでやれるかですが、
結構厳しい状況だと思います。


スポンサーリンク




◎日本一に輝くのは?

セリーグはヤクルトが、
パリーグはソフトバンクが、
優勝だと予想してきました。

それでは日本シリーズを制し、
日本一をとるのは、
どのチームなのでしょうか。

普通に考えたら、
ソフトバンクが日本一ですよね。

最近はオープン戦や、
交流戦の成績を見ていても、
パリーグの方がレベルが高いです。

圧倒的なホークスの実力も考えて、
ソフトバンクが日本一だと、
予想するのが普通です。

大抵の人は、
そう予想するかと思います。

それでは面白くないですので、
この場での日本一の予想は、
あえてヤクルトにします。

僕の希望的観測もありますが、
それだけが理由ではありません。

1.昨年の日本シリーズの経験

2.ソフトバンクへの重圧

3.戦力の上積みの差

これらが主な理由になりますので、
それぞれについて書いていきます。


1.昨年の日本シリーズの経験

やはり本当の緊張状態では、
経験の差がものを言います。

2015年の日本シリーズは、
ソフトバンクとヤクルトでしたね。

ソフトバンクとしては、
慣れたもんだと思いますが、
ヤクルトは14年ぶりの日本シリーズ。

この経験はヤクルトにとって、
非常な大きい財産になっています。

ヤクルトナインは、
メンバーも去年とほぼ同じですので、
より本当の力が出せるはずです。

2015年の日本シリーズでは、
戦力の差はもちろんですが、
経験の差も大きくありました。

この大きな差は、
2016年の日本シリーズでは、
なくなることになります。

本当の意味での実力勝負なら、
ヤクルトにも日本一の可能性が、
出てくる
と思われます。


2.ソフトバンクへの重圧

もはや解説者の予想を見ても、
ソフトバンクの戦力は圧倒的です。

それだけの実力を持っていますし、
選手も自信をつけています。

正直この強力なチームを、
崩すことはとても難しいです。

唯一つけ込む隙があるとすれば、
日本一への重圧に負けた時、
であると思います。

ハッキリ言って力の面では、
1年でそこまで劇的に変わらないので、
ヤクルトが劣ります。

ですので勝利するには、
メンタル面で大きく上回るしか、
方法がないんですね。

そういう意味で言えば、
2015年のヤクルトの経験は、
大きくプラスに働きます。

ヤクルトが100%の力を出し、
ソフトバンクの選手たちが、
重圧に負けた時は勝機ありです。

思わぬ番狂わせが、
起きるかもしれませんね。


3.戦力の上積みの差

優勝予想の所でも書きましたが、
ヤクルトは意外と結構、
戦力の上積みが出来ています。

ドラフト1位の原樹理は、
新人王が期待できる逸材です。

唯一の穴であった、
一番センターも、
坂口で固定できそうです。

開幕は怪しいですが、
バレンティンもほぼ1年間、
働ける見込みがたっています。

それと比べてホークスは、
ドラフトも高校生中心なので、
上積みはそこまでありません。

唯一挙げるとすれば、
メジャーから復帰の、
和田毅ですかね。

オープン戦の成績も、
かなりいいようです。

もちろんそもそもの戦力が、
圧倒的なので、
それも計算済みなのですが。

ただこの戦力の上積みの差が、
もしかしたら大波乱を、
巻き起こすかもしれません。


◎まとめ

・パリーグの優勝は、
ソフトバンクで間違いないが、
大波乱が起きてほしい気持ちも

・日本一になるのは、
多分ソフトバンクだけど、
希望的観測でヤクルト!

セリーグの順位予想は、
こちらの記事をご覧ください。
⇒2016年プロ野球セ・リーグ順位予想!
優勝するのはどのチーム?


スポンサーリンク



GW中のプロ野球テレビ中継は、
こちらをご覧ください。
⇒GW中のプロ野球中継は?
2016年5月3日~8日のテレビ放送一覧!

今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. table-tennis-407489_1920
  2. football-619243_1280
  3. 容疑者
  4. badminton-659910_1920
  5. sport-640830_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。